10割染み込むインプット術

インプットする。

人の話を聞いたり、本を読んだり、見たりするのがインプット。

このインプットであるが、しっかりできているかどうかはすぐにわかる。わかられてしまう。

『今、言ったことを、もう一度言ってみて』と尋ねることだ。すぐ要約して言える人であれば、理解の定着がしっかりとしていると判断できる。

その反面全くできないようであれば、理解できたことに値しない。たんなる頭の中にインしただけのものである。

もう少しインプットを紐解いてみる。インプットは分けて考えると、物事を頭の中にイン【in】して、プット【put置く】する行為である。留めておかなければならない。

インプットがしっかりできているのかは、アウトプットの量で決まる。アウトプットの量が多い人は、深く理解している。分かりやすく教えたり、説明したりすることができる。

思い出せない。なんだったっけ?

特に重要なのは、置く行為【PUT】である。記憶にとどめておかなければならない。学校の授業では、よく復唱させ記憶させます。

そして、『今先生の話をお隣さんに伝えてみて』と。インプットのうまい子を見ていると、他の子とは違うことをしていた。

それは、さっき伝えてたことを思い出しながら【想起】メモをしていた。このメモをしていくことが、想起するときに大活躍してくれる。ある一つのことを手がかりに、芋づる式でどんどん思い出していく。

例えば10年前の夏の出来事はすぐに思いだせないが、あの時浜辺で鍵を落としたというトリガーを外すと、どんどんその日の事を想起できる。

インプットはつくづく地味な鍛錬なのだ。上司にコイツはいつも、伝えたことを『ザル』のように聞き落としていく、『ザル聞き名人』と言われないように、メモはビジネスパーソンにとって大切だ。


TO DO インプット

  • 想起しながらメモをする。
  • メモをとりながら聞けないようなら、終わった後30秒以内にメモをする。

次回は、部下や相手がしっかりと分かっているかどうかの方法をお話したいと思います。

参考文献 

【驚】ディズニープレミアアクセスに賛否!2083/MAY.22

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、5月19日から「ディズニー・プレミアアクセス」と呼ばれる新サービスを導入する。これは、1回当たり2000円を支払えば園内の対象アトラクションを時間指定で予約できるもの。

やっとかという感覚

当然ながら対象となるアトラクションはディズニーランドの「美女と野獣”魔法のものがたり”」および東京ディズニーシーの「ソアリン:ファンタスティック・フライト」の2つで、いずれも園内で一、二を争う人気施設だ。毎回入園したと同時になくなってさしまう、来場者泣かせのアトラクションだ。

ではプレミアアクセスとはどういったものか。それは、ファストパスやスタンバイパスをさらに進化させたものである。発行枚数には上限があるが、お金を払えば「来園者が自分でアトラクションの利用時間を指定できるのが特徴」で、システムが空き状況を判断し、来園者に利用時間を自動的に指定する従来の仕組みとは異なる。

より計画的に園内を回ることができるほか、帰宅時間の早い来園者が人気アトラクションを楽しめない、といった機会損失の防止にもつながる。

個人的には、USJは早々特定の人気アトラクションが優先入場を販売していたのでずっとやってほしいとお思っていた。

しかし、オリエンタルは、人気アトラクションの有料をしてこなかった。おそらくそれをすることで差別化をはかってきた。その反面、入場量は段階的に上げていき、業績を伸ばしてきた。かなり攻めの経営でブランド力を築いていった。

ではなぜ今回、賛否がでたのか? 

うちは、毎年最低でも3回は遊びに行っている。国民がどれぐらい利用したかは分からないが、東京ドームよりは明らかに多そうだ。かぞえてはいないが、実感値である。これまでに付き合った人とは、必ず来ている。だからなんなんだというわけであるが。

つまり、『みんなの夢の国』なのである。かたくるしく言うと『公共性』のある施設であった。

市役所の待ち時間の緩和に『有料制』にするような感じなのか。

今回のディズニーの有料化は、もう時間短以外にも、もう一つ忘れてならないのが、『コロナ感染』であることは間違いない。

今回の動きは、『多様化』に向けた序章に過ぎないだろう。

料理はワーキングメモリを鍛える2082/MAY.22

最近気が向いたので大好きなラーメンをつくったときの話。

今日の話の結論は、「料理はワーキングメモリ力」を鍛えるである。

料理をつくるのはそんなには得意ではないが、年に数度はある。メニューはチャーハン、カレー、ラーメンといった男メシである。あいにくそのレシピはあまり好評ではないが、不評でもないので、今日はラーマンを作ることにした。

ラーメンであるが、けっこうここでつくるはこだわりがある。そのこだわりは食材をたくさん用意して作ることである。言い換えればいかにして手作り感をだすかだ。めざせ「横浜家系ラーメン」!

ここの麺が最近のお気に入り(鎌倉にあります)

材料は以下の通り

・製麺所の面をネットでオーダー

・味噌、ネギ(深谷ネギ)、ホウレンソウ、ノリ、塩、醤油、水

・鶏ガラ

これらの食材を次々に同時進行しなければならない。

最初は料理人気取りで作っているのだが、次第に嫁から「パパ、今ネギを切っておかないと・・・、チャーシューは最後、沸かしている間に、ホウレンソウとネギをやって。・・・・・」「海苔は最後の・・・」

こんな声がだいたい10分を超えると、ヤジのようにとんでくる。耳が痛い。ここで思ったのは、やはり人間のワーキングメモリは限られている(一般的には3つほど)と思った。一度に同時処理できるのは三つが限界である。悔しいが、嫁は記憶力が半端なく良い。例えば、一瞬で電話番やカード番号を覚えられる。あおらくだが、毎日この作業(料理)を繰り返すことで、自然とワーキングメモリ力が鍛えれたもだのと思う。

おそらくだが、嫁は一度に5個ぐらい同時処理ができるレベルだろう。しかし、うちの母は、よくお湯をこぼしたり、こがしたりしててんぱっていた。

今私の目の前には、多くの食材と、作る手順をメモした紙と赤ペンがある。赤ペンはTO DOリストのように終わったら決していくためのもので、今では必需品だ。お湯を沸かしつつ、ネギを切り、麺をほぐす。そしてメモには赤で斜線をしていく。

あと、作っていくうちに副産物的に気付いたのが、作業が終わったら一つひとつ片づけていくことである。かつては、麺を出したら、私はそのまま無造作にまな板の横に置きっぱなしにしていた。野菜の残った部分も。だから、それもワーキングメモリを混乱する要因であった。仕事でも机の上が散らかしっぱなしだと効率が悪くなるように。

このように、たかが料理だが(料理人の方、すいません)けっこう仕事力に生かせるものがたくさんあった。

・ワーキングメモリ力の強化

・整理力

・段取り力

でもやっぱり一番の楽しみは、食べてくれる人の「美味しい」という顔を想像しながら作ること。できあがりのラーメンがこの写真です。次は無理してリストランテにしてみようかな。

教室移動2081/MAY.21

 1学期も、2学期も、3学期も、子ども達の先頭に立って並ばせ、先導していく教師がいます。(当番がやっている場合もあるが・・・)それでは子どもは達は育っていきません。先生が声かけをしてくれるのが当然であると思ってしまいます。そして言われないと、何もできないうようにってしまいます。

 これをずっとやっていてもお互いに良いことはないので、レベルアップをしていく必要があります。

「基本的な指示」の段階では教師が先頭に立つのは当然です。まっすぐ並ばせるには「前へならえ」が一般的に多く用いられますが、子ども達はあれをしなくてもまっすぐに並べます。

その方法を私はこう指示します。「前の人に隠れなさい」と伝えるだけです。このほうが具体的でなおかつ列が間延びせずにすみます。浸透してきた頃に、問いかけます。

「いつまでも先生が前に立って並びたいですか。それとも自分たちでやってみますか。どっちがすてきだろうね。」

子ども達は「自分達でやってみます。」「そんなのできるよ。」と威勢よく言います。教師は横からその様子を黙って見守ります。横から見るのは、全体を見るためです。子ども達はほぼしっかりとやります。もしこれでダメなら、もう一度指導し直せばよいだけです。もちろん私語、階段飛ばしは、他のクラスの掲示に触れるは厳禁です。

 最終的には、教師は後ろからついていくだけで、子ども達に任せてみます。すると、体育館についたら他のクラスの並び方等を見て自分たちでそのように並び直すなど、臨機応変な対応することも見られるようになっていきます。

個人面談で何を話したら?2080/MAY.21

 そろそろ個人面談の時期ではないでしょうか。保護者を前にたださえ緊張するのに、何をどのように話したらよいのか分からなくて困ってしまいます・・・・・・

 普段、保護者と対面して話をする機会はあまりないですから、緊張するのは当然です。実は、保護者の方も緊張していることが少なくありあせん。特に初めてのお子様の場合。

まずは、互いの緊張をほぐすために、子どもにまつわる話題を出しましょう。例えば「〇〇さんは、野球が好きなんですね。好きな野球選手や、チームを教えてくれてましたよ。野球を好きになるきっかけはあったのですか?」といった具合に。保護者からすれば、我が子の話題は答えやすいでしょうから、会話がはずみます。また、「この先生はうちの子の好きなものを知っているんだ」と伝わり、信頼関係を築くことにもつながります。無難なところでは最近の天気もいいでしょう。ようは簡単な雑談で、ほぐすことをねらいとします。

 はじめの話題で緊張がほぐれたら、改めて来校してくださったことへの感謝を伝え、子どものよいところを中心に、学習の状況、学校生活の様子などを簡潔に話します。あらかじめ学年の先生方と相談し、何をどの順序で話すのか、メモをとっておくといいです。一通り話をし終えたら、保護者からの話を聞き、応答します。明るく、笑顔で、丁寧な言葉遣いで。(参考文献:困った場面をズバリ解決!指導術・土居正博著・明治図書)

 私は個人面談が始まる少し前から、子どもたちの様子をいつも以上に意識して観察し、それぞれのよいところを手帳にメモしています。そうすると、保護者からの質問に自信をもって答えることができます。また、個人面談の時間は限られている(約15分)、何をどの順序でどれくらいの時間を目安に話をsるのか、事前の計画を立てておくます。

 また、座る配置も気を配ります。正面に座ってしまうと話にくくなってしまうので、対角線上に座るようにしたり、机の上に小さい花を置いたりしています。

次回は、個人面談でこれをしたらNGというのを話していきます。今日もありがとうございました。

志はいくら高くてもいい2079/MAY.21

 せっかく夢を実現できるスタートラインに立てたのであれば、そのことに満足するのではなく、そこからさらにどうなりたいかという、より高い夢を持つことはとても大事なことだ。志はいくらたくてもいいのである。そう教えてくれたのは実の父である。

 例えば作家なら「直木賞をとれ」「世界でも認めらえる人になれ」、ビジネスパーソンなら「会社の営業成績でトップを取る」「日本を代表する会社社長になる」「世界一の会社をつくる」というのでもいい。

 大切なのは、ゴールを高く設定したら「〇〇になるためには、この先どういった努力をしていけばいいのか」というビジョンを描くことである。

 具体的にゴールを掲げれば、そのためにいまの自分に足りないものは何かが見えてくる。

メジャーリーグで活躍する大谷翔平選手は、小学生の頃から誰よりも高い舞台であるメジャーへの想いを秘めており、それだけではなく誰よりも高いパフォーマンスを出すために鍛錬を続けていたのは有名な話ですね。ほかにもサッカー元日本代表の本田も子どもの頃の夢は海外でプレーする志があった。

 結局人は、イメージできるものにしかできないと思う。「メジャーリーガー」というイメージを持つことができない人は、未来永劫メジャーリーガーにはなれないのだ。

オムレツのつくり方 2078/MAY.20

 僕が思いつく、オムレツ作りにいちばん適したシチュエーションというのは、やはり情事の翌日の朝だ。ベッドで女の子が寝ていて、男がTシャツとボクサーショーツという格好で台所に立ち、お湯を沸かし、コーヒーをうつくる。その素敵な匂いで女の子が目を覚ます。「何もなくて悪いんだけど、ほうれん草のオムレツでよければ作ろうか」と男は言って、ガスに火をつけ、フライパンにバターを引き、何でもなさそうにひょいひょいとオムレツを作り、皿にあける。女の子は男物のストライプのコットン・シャツをまとって、ベッドから物憂く出てくる。まだ眠いけれど、オムレツはずいぶんおいしそうだ。新しい太陽がキッチンのいろんなものを、眩しく輝かせている。FMラジオからはシューベルトの「アルペジオーネ・ソナタ」が流れている。そういう光景ですね。

村上ラジオ3 村上春樹著・新潮文庫

 それで、お前はそういう体験をしたことがあるのか?

もちろんありません。あるといいかも・・・と思ってるだけ。

村上ラジオ3 村上春樹著・新潮文庫

ブログを書く傍ら、いろんな方のブログを目にして思うことがある。特にアクセスの多い文章は「喩え話」が卓越している。それは、ブログでなくても読みごたえのある小説は、非常にスマートでお洒落な比喩を使っている。自分の好きな「村上春樹」はこの喩えがうまく、飽きない。

明治大学教授の斎藤孝氏は文章の上達の一つに、自分の好きな作家を見つけ、「好きな表現」「喩え」があった場合に、ノートに記録していき、活用していく。そのストックをたくさんためていくと、だんだん楽しくなっていく。

いつか、さらさらっと上記のようなお洒落な文章を書いてみたい。ちなみにハンバーグを作る場合はどうなんだろう・・・・

自分で評価させるとき・・・2077/MAY.20

私は授業で「すごい」「よくやったね」と評価することがありますが、頻繁に使わないように意識している。もう一歩詰めるなら「自分で評価させる」ことをします。

例えば、授業が始まる前に、すでにノートに日付、ページ、めあてを書いている子に、「先生が黒板に書く前にもう書き終わったの、すごいね。ノートの上に花丸を描いておきなさい」と指示する。子どもは喜んで花丸を描いています。

 具体的には、私はあらかじめ四種類ほどの花丸を雨に「常設」しておき、どの花丸を描くか一目でわかるようにマグネットをつけておきます。

 子どもたちは日付や課題を描き終えた、顔を上げます。そして、花丸の下のマグネットを見て、「やった。スーパー花丸だ!」とノートに自分で描きます。

 最後にもう一つなげかける言葉があがります。それが、「ノートに描いてある花丸は後から先生が確認します」と伝える。

ここを押さえておくことで、「ただ花丸を描いている」という状態ではなくなり、子どもたちもきちんと花丸を描くことに「価値」を感じます。実際に評価に少し加えていくとよいでしょう。ご参考にしてみてください。

 次回は「個別評定」についてお話していきます。今回は授業の導入時の評価でしたが、次回は「個別評定」についてお話していきます。「個別評定」は子どもの「やる気」が確実に上がります。では次回で。

最後は〇〇〇なほうが勝つ2076/MAY.20

私は自他ともに認める「不器用」な人間である。

しかし、不器用な人間だったのは、つくづく運がよかった。というのは、社会に出て結果を出すために、ひたすら「考える」行為をしなくなるからだ。

仕事は、目に見えない確率で動いている。成功する確率が高い取り組みや対応策を選んで実行できるかどうか。その確率を、データの集積によってどれだけ精度の高いものにできているかでうまくいくかどうか決まる確率が高くなる。

 傾向と対策がピシャリとあてはまって成功すれば、「不器用」な人間でも「器用」な人間に勝つことができる。

この考えはスポーツの世界でも往々にしてある。記憶にあるは、故野村克也の功績である。野村が指揮する前のヤクルトは、万年Bクラスの弱小チームであった。子ども心にも、これでも「プロかよ」とよく愚痴っていた。しかし、野村の就任後は、あの貧弱なチームが常勝チームに変革した。

興味深いのは、選手層が薄い中で。巨大戦力の読売(巨人)をこてんぱんにした。ここに、野村の野球観がある。

 野村の考えは「弱者が強者を倒す」ことであった。その根底にあったのが、いかに確率の高い野球をするかであった。代名詞である「ID野球」はそのための手段であった。仮説・検証していくような冒険的な野球ではなく、セオリーや原理原則を重視していた。

 これまでの私の人生で一番最初に自分の不器用さを感じたのが「ピアノ」の下手さであった。練習中もよく間違い、外れた音を出しては奥で聞いている親父に叱られた。

 クラスにも数人同じピアノ教室に通っている子がいたが、彼らは同じ曲のに、すらすら弾けた。バッハやモーツアルトを弾く横で、自分はひたすら「バイエル」で指運びの練習。「器用」なやつはいいなと感じた。

 それでもピアノはやめず、練習もさぼらずひたすらやった。やつらに勝つには、それを克服しようと「努力」した。また、自分の欠点がわかりやすいぶんだけ、努力の方向性を見誤ることもなかった。その努力で発表会で賞ももらえた。

 正しい努力を続けさえすれば、最後は不器用な者が勝つ。もしかすると、「不器用」であるということは、ひとつの「才能」なのかもしれないと、トロフィーを持ちながら思った。

【指示】検診時 2075/MAY.19

検診では子どもに様々な注意点を指示することも多いでしょう。初回は教室でしっかりと指導してから行くようにしています。

しかし、何度も行っているのに同じことを教師が指示するようでは、子どもを育てることはできません。

 例えば、「いっさいしゃべらない」「名前を言う」「お礼を言う」ということを指示するとします。そして、なぜそうするかも理由もセット(趣意説明)で伝えると子どもの意識に残りやすくなります。

レベルアップする際は、前回のことを思い出させ、子どもから注意点を言わせるようにします。これまで何年間も行ってきている中学年から高学年では、初回の検診から子どもに言わせるのもよいでしょう。

 最終的には、何も指示をせずに検診会場に向かい、子どもの様子を見ます。それでも、これまでの指導が積み重なっていれば、子どもはしっかりと考えてやります。

私は教師に戻ったら必ず振り返りをして、何も指示せずに行ったのにしっかりできていた子を評価します。もちろん、何も指示せずに検診に行くと、騒がしくなってしまうことが予想される場合などは、無理にこの段階にいかず、教室で注意点を確認してから行くと良いですね。

【補足】検診時、担任は検診の補助をする機会があったりします。その場合は、戻る途中の指導も初回にしておきます。自分たちは終わっても、他のクラスは授業中です。

天性は平等なの?2074/MAY.19

「自分には才能がない】

「私は天分に恵まれていない」

天才的な人と比べるてそう嘆く人がいる(私もときどきそう青もう。)もしかしたら、あなた自身がそうかもしれない。天性や天分は平等に与えられていない。これは、おそらく事実なんだろうと思う。

野球に例えてみると、よく「エースと4番打者は育てることができない」と言われている。というのは、エースや4番打者になり得る選手は、天性や天分に恵まれていう選手たちだからである。例えば、人よりも球を速く投げる力、打球を遠くに飛ばせる力、足力、遠投力等である。(野球の場合)

 だからといって、天性に恵まれていないことを嘆いたところでどうにもならない。そこからどうするかが、「人間力」を試される部分なのである。

 幸いなことに、人間には目に見えない脳力が平等に与えられている。誰もが、考える、感じるなど「無形の力」を持っている。それをフルに使い、天性や天分に足りないところを努力や「工夫」で補うことはいくらでもできる。

 むしろ、そうした人のほうがその世界で長く活躍できるかもしれない。最初から、世間に認められているような存在感や価値を身に付けている人など、そうそういるものではない。

 大谷翔平、佐々木朗希のように他を圧倒するような能力を持つ人は稀。だからこそ、「一意専心自分を磨き、堂々と周囲にアピールできる自分だけの「らしさ」を見付ける必要があると思う。

【すぐやる人】くじけそうなときは・・・2073/MAY.18

みなさんは失敗をしたときにすぐに立ち直れますか?あるいは結果がでないとすぐ落ち込んでしまいますか?

 渾身の研究授業したのにあまり評価されず、気合を入れた筋トレが3日坊主で終わったなど、せっかく挑戦したのに成果が得られないと、がっかり落ち込んで、その後の行動が消極的になってしまうことがあります。しかし、そのたびに消極的になっていると、すぐ動けるようにはなりません。フットワークが重くなります。

 人は、うまくいかないときには「この不調がずっと続く」、うまくいったときには「一時的な幸運に違いない」と考えてしまいます。しかし、本来は逆の発想をしたほうが動けるようになります。

 例えば、筋トレが三日坊主でやめてしまった場合、「自分はいつも続かない」「次もだめだよな」と一般的に捉えるのと、「今回は続かなかったけれど、次は別の話」と限定的に捉えるのとでは、どちらが次の行動につながるでしょう。

 うまくいかずにへこみそうな時は、物事を個別・限定的に捉えるようにしていくといいですね。「結果」はコントロールできませんが、「行動」はコントロールできます。結果ではなく、自分でコントロール可能な「今できる行動」にフォーカスしていきましょう。

POINT

結果」はコントールできないが、「行動」はコントロールできる。

突発的な休み 2072/MAY.18

今日は体調不良や子どもの看護等で、どうしても当日欠勤せざるをえない時に、補教の先生に依頼をすることになります。その場合、できるだけ入っていただく先生と同じ学年の先生に迷惑をかけないように対応しなければなりません。

こんなことありませんか。出勤して机の上を見ると補教カードが置いてあり、算数はプリントを3枚印刷しておいてくださいとメッセージが書いてある。国語の既習の漢字を印刷して下さいとも・・・・朝の忙しい時間にけっこうバタバタになります。

なので、私は突発的な休みに予め控えて、補教セットを3セットほど作っています。具体的には

・既習の算数、国語の漢字プリントを3セット印刷しておく。

・視写教材を用意しておく。

・テーマ作文を用意しておく。(原稿用紙)

・タブレットは毎日持たせる。(ドリルパークを行う)

当日の用意をして下さるのは、同学年の先生の場合が多いです。その先生の負担をできるだけ少なくしてやるのが大切です。今はこんなことを言っている自分ですが、私も負担をかけてしまう教員でした。なので自分の戒めも含めつつ今日は書きました。

評価にはじまって評価に終わる2071/MAY.18

「〇〇というものは、評価にはじまって評価に終わる」

これは、厳格な祖父が生前よく話していた言葉だ。祖父は戦争も経験した人間だ。

どこまでいっても、他人からの評価から逃れることができないのが人生であると、30を超えて実感するようになった。

このことを理解すれば、「どうすれば評価を上げられるのか。どうしたら上司の目に留まるのか。そのために、いま自分は何をすれば良いのか」と自然に考えるようになった。それがわかれば、自らの手で未来を切り開いていくことができる。

新人にとっていちばん大切なのは、与えられた仕事に対して真摯に取り組んでいるかどうかという姿勢である。

 他人の評価は自己評価より厳しいことが多いが、けっしてそういうものばかりではない。しっかりと仕事をしていれば、見ている人は必ずいる。しっかりと仕事をしていれば、見ている人は必ずいる。ちゃんと見ていてプラスの評価をし、現在のポジションから引き上げてくれる人はいるものだ。そういった人が身近に何人も見てきた。

「人間のいちばん美しい姿はなんだ?」という問いがあった場合に、自分なら今こう答える。「一生懸命な姿にまさる美しさはない。人はその姿に感動する」と。そういえば本題の〇〇については考えてみて下さい。

【指示】担任の出張時(自習)2070/MAY.17

担任が出張で教室を空けるなど、教師が目の前にいないときに子ども達の本当の実力が試されます。補教で他の先生の教室に入ると、そのクラスがどれだけ育っているかすぐにわかります。

すぐに騒がしくなり、課題に集中して取り組めないクラスもあれば、全員が何をすべきか理解しており、静かに取り組むクラスもあります。

出張時の指示を考えてみましょう。

自分は、「基本的な指示」として事細かく指示をします。そしてそれを板書したり、やる内容を書いたメモを全員に渡しおくことにしています。「事細かに」とは「1時間目〇〇をやる」などざっくりとした指示ではなく、「1時間目。計算ドリルをやる。終わった人は〇つけと直し。それも終わったら自習。」など、終わったら何をやるかまでを詳細に指示することです。子どもがザワザワするのは、「何をしたらようかわからない」からであることが多く、それを防ぎます。

レベルアップする場合は、事細かに伝えるのは「口頭」にしています。その上で概要を黒板に示しておくだけにしています。子どもは一度で聞き取り、鋭い子などは連絡帳にメモさせます。

最終的には、前日に概要を口頭で伝えるだけにとどめます。『1時間目の社会は前回の続きをしてください。』程度の概要を伝えます。子どもが育っているとこれでもしっかり取り組めます。もちろん、無理な場合はこのように子どもに任せてはいけません。他の先生に迷惑をかけてしまいます。それだけは避けたいものです。

次回は、急な休みな場合の時の対応方法について紹介していきます。

【話し合い】スライドアウト 2069/MAY.17

今日は話し合い活動で取り組んでいる「スライドアウト」について紹介していきます。実践は立命館小学校の丸岡慎弥先生の追試です。

質問を通して、会話内容を別の話題に広げる。

授業中などで、どんどんと意見を集めたいときや話題を転換したいときに使えるスキルです。

例  〇他には  〇違うものは

スライドアウトは「意見を拡散させたいとき」に使えるスキルです。

①意見を拡散させる

例えば、次のように授業の導入場面で活用することができる。

地震災害について知っていることは何ですか?

このような発問をしたとします。子どもたちは、それぞれに、様々な意見をもちます。

教師は頃合いをみて、意見を求めます。「では、〇〇さん」➡「建物が倒れます」

何気ない授業場面、日常的に繰り返しているかと場面です。しかし、実は、この意見の後、教師は2つの選択もっています。

A この意見を深める

  ※その場合は、チャンクダウン(質問を通して、会話内容の階層をひとつ下げる方法)を使用する。

B この場では深めずに他にもどんどんと意見を求める。

「ここではとにかく意見をたくさん出させたい」という時には、Bの道を選択します。要するに、スライドアウトを活用します。決まり文句は、もちろん、冒頭で取り上げた「他には?」です。どんどんと「他には?」と聞いていき、子どもたちの意見を広げていきます。

「火事が起きます」➡他には

「道路がふさがれてしまいます」➡他には

といった感じです。こうして「他には」を活用して、意見をどんどん広げていくことができます。このような場面で「スライドアウト」を活用するときには、「リズム」と「テンポ」が重要です。だらだらやらないようにしましょう。

②話題を転換する

なお、「建物が倒れる」に対して、チャンクダウンを選んだ場合は、次のような展開をしていきます。

「建物が倒れるとどうなりますか?」➡「下敷きになってしまう人がいます」

「その人に対してどのようなことができますか?」➡「救急車を呼んだり周りの人と協力して助けたりします」

こうして、ひとつの話題をある程度深め、そろそろ別の話題に。と思った時に「スライドアウト」を活用できます。すると、その話題から離れ、意見を転換することができます。「スライドアウト」を知ることで、話し合いのコントロールがしやすくなります。せひ参考にしてみて下さい。

自己評価なんて 2068/MAY.17

自己評価なんて、百害あって一利なし

人は他者からの評価の中で生きている。人間はひとりぼっちでは決して生きてはいけない。誰かとどこかでつながり、なんらかの人との関わりのなかで生きている。それが人生ではないでしょうか。

「私はこういう人間だ!」とプライドを持ち、ひとりの人間として譲れない部分を持つことは決して悪いことではないし否定もしない。ただ、その評価はあくまでも「自己評価」に過ぎない。自分が自分を評価するように、他者が同じように見ているという保証はどこにもない。そのことは、常々上司にお言われ続けた。

「自己評価」なんて、自己愛に満ち満ちたもので「百害あって一利なし」。そんなものは、とっとと頭の中から消し去ってしまうようにしている。

そして、「チャンスをもらえない」「自分のことをわかっていない」「正しく評価してくれない」などと不平不満を並べるのではなく、認められるだけの「姿勢」や「力」がないことを自覚すべきである。それが理解できると、嘆いてばかりいる人間にはならないのではないか。

 儒教の始祖であり、春秋時代の中国の思想家・哲学者である「孔子」は、才智や努力が極端に行き過ぎている者も、才智が劣っている者も、いずれバランスが崩れていてよくないと考えていた。「過ぎたるは猶及ばざるがごとし」である。私の好きな言葉だ。

 自分らしく生きることは大切だが、ときに「自分らしさ」は「わがままな自己満足」に過ぎず、虚飾によって内面の拙さや幼さを覆い隠していることがある。

今日は、甘ちゃんの自分に気合を入れるために、恩師の言葉をもとに綴ってみました。

【指示】起立(朝の会でのあいさつ)2067/MAY.16

授業のはじめと終わりは原則わたしは起立はさせてません。朝の挨拶を除いては・・・

朝の会の挨拶には、「起立」に特に気を付けて指導しています。「起立」をしっかりできると、その後の挨拶や朝の会も張りのある良いものになります。

反対に、挨拶や朝の会がダラダラしている学級は、この「起立」の行為がだらだらです。「起立」を素早くさせるには、年度初めに「今から先生が起立、と言うので1秒以内に立って下さい」と指示して、その通りに起立させます。

 もし仮い遅い子がいたり、立つには立ったけれど机に寄りかかっている子がいたりしたら、毅然とやり直しをさせます。「遅いです、やり直し。」「3秒立ちました」などと短く指摘し、すぐにやり直しをしましょう。この指導も事前に入れておきます。

 年度初めであればそういう一見、厳しい指導を入れることで、「この先生はこういうところを見逃してくれないんだな」と子どもに思わせることもできます。

 これは「1秒以内」という具体的な数字が入っていて、「指示の基本」を押さえた指示になります。レベルアップした指示では、「何秒以内と言いましたか?」と尋ねることで子ども達に思い出させることをねらいます。

もう一歩上のレベルに行くと、教師は何も指示しません。繰り返し指導していくことで、教師が何も言わずとも子ども達は当たり前のように素早く立つようになっていきます。

それが本当にできるようになると、本当に引き締まった気持ちになります。 子ども達に言わせることで、しっかり意識に根付かせることができます。

POINT

具体的に示す指示から、習慣化を目指す

【指示】全校朝会後2066/MAY.16

年度初めの頃の全校朝会後、教室に戻ってきたら私は次のように子どもにきまって尋ねます。

「校長先生の話は大きく分けて三つでした。一つでも言える人は手を挙げなさい。」

朝会の前に「校長先生の話をしっかり聞きましょう。」などと指示するよりもよっぽど効果のある指示です。

ほんの数分前の話です。それでも、意識して話を聞いていないと、なかなか手が挙がりません。しかし、これを続けていくと、意識して話を聞くことができるようになってきます。

さらにレベルアップしていくには、「一つでも言える人」を「三つ言える人」にしていきます。(話の短い校長先生の場合は、今週の週番の先生の話も入れる)

全校朝会の度に繰り返すと、子どもはさらに真剣に校長先生の話を聞き、指を折って確認しながら話を聞くなどします。(特に低・中学年)

そして、さらにレベルアップするには、話の内容とそれに対する自分の感想を言うことを私はクラスで行っています。

話を聞くということは、相手の言うことを正確に聞き取り、それに対して自分の考えを持つということ。それを「指示」を通して子ども達に求めていくことで、子ども達の意識は大きく変わっていくものです。

まとめ

指示を通して、子どもの聞く姿勢、意識を変えていく

【重要】真の個性とは 2065/MAY.16

真の個性とは、祝福される個人の「特性」

「個性」を広辞苑で調べるとこう書かれている。「個性」とは「個人に具(そな)わり、他の人とはちがう、その個人にしかない性格・性質」のことを指す。

やたらと個性という言葉を持ち出す人がいる。拡大解釈している感もある。

「やりたくないことや、できないことに対して、個性という言葉を使って言い逃れをしているだけに映る。」とテレビの討論番組で主張されていた方がおられた。腑に落ちる部分もあったのでその話をもう少ししてみる。

戦後教育の最大の欠点は、「個と社会の関係性について間違った認識を植え付けたこと」だと考えている。それによって、単なるわがままや自分勝手を「個性」と誤解している人間が、非常に多くなったような気がする。

 

なかなか痛快で昭和世代の私にとっては「確かに」という部分もあるった。討論はオープンエンドで終わったが、令和の中でのキーワードとして「多様性」をあげられていた。

 あたり前の話だが、「個性」とは自分中心にものごとを考えることでも、自分の思い通りに行動することでもない。周囲の納得と承認が得られてはじめて認められるものが「個性」であり、また、そうであってこそ輝くものである。

 「個性」を大切にすることは、「多様性」のある世の中を維持していくという意味では大事ことだと思う。だが、それを強調し過ぎたり、いき過ぎたアピールをしたりすると、かえってバランスの崩れたおかしい世の中になっていくように思える。

 「個性」は自分で決めるものでないと解釈している。他人が認めてくれるから、それがその人の「個性」になっているのであって、自分だけで思い込んでいることは「個性」でもなんでもなく、ただ独りよがり。真の「個性」とは、いうなれば、世のため人のために役立ってこそ祝福される個人の「特性」のことを指すものだと思う。そこをはき違えないようにしていきたい。

3人の友をもて2063/MAY.15

高校の恩師の結婚式でのコトバを今でも覚えている。その先生は、けっこう個性の強い若手の女教員であった。少しだけ話すと、容姿は端麗か分からないが、とにかくお洒落で毎日違う服を着て、甘い香水がした。先生の専門は国語であり、特に古文の授業はとりわけ楽しかった。エピソードを一つ。

自分が一度だけ学校を休んだことがある。それは、友人と二人で川崎球場の最後の試合をズル休みをして観に行った。翌年からロッテは千葉に移転するためこの試合をもって川崎でのロッテの試合は最後となる。行かない選択肢などあるはずもなく、数日前から友人と念入りに計画を立てた。100%バレない自信もあとた。

翌日天気は雨だった。先生は朝の会で唐突に『◯◯、昨日は楽しかった?』とニコニコしながら話しかけてきた。すでにばれていた。🙃というのも、現地にいたテレ東のインタビューに答えてしまっていた。これだから田舎者は困るのだが。土田アナウンサーンに『今日学校は』と聞かれ『もちろんずる休みでーす。竹村先生、クラスのみんな。ごめんなさい!』と間抜に答えた。みたいなことを言って、その部分がもろ放映されていた。

先生のエピソードはつきることはないが、とにかう好き嫌いのはっきりしている先生であった。☺️好きな生徒にはあまり叱らない先生で、友達感覚で接していた。なので休みの日には自宅に呼んでしまう(結婚後)ちょっとおてんばな先生であった。まぁそんな近さがまた好きな要素でしたね。

一番の驚きは、結婚式をあの帝国ホテルであげたこと。そしてそんな場所にうちらは生徒として招かれた。たしか呼ばれたのは、7~8人だったと思う。田舎者の自分らが制服を着て日比谷に行くなんてもう一大事。しかも生徒代表で自分はスピーチをした。オレンジジュースをもった手は震え、先生の日頃の良いところを話したことだけは記憶している。タイトルの言葉を除いては。

その後、先生のスピーチでこういわれた。『今日ははるばる足利からみんなありがとう。みんなにはこれから素晴らしい未来がまっています。どうか道に迷ったたきは自分の長所、短所はどこにあるのか見つめ直してください。そして、3人の友をもってください』といった熱いメッセージをもらった。

あれから30年以上が経った。数えきれない人と出会いそして別れた。大事な友だちも自分のせいで失ったこともある。でも今でも中学時代からの友人3人とはつきあっている。腐れ縁だ。時には厳しく、優しく叱咤激励を互いにする間柄である。

そんな古い友達は、今でも大切にしている。それは、駆け引きなしに客観的に自分のことを把握してくれている。過去の自分と比較して現在よくなっているか、もしくは悪くなっているがを教えてくれる。

古くからいる確かな友人は、大事にした方がよい。そういった友人は自分を正しく見てくれる可能性が高い。なぜなら、人間は『原理原則を教えてくれる友』『直言してくれる友』『師と仰ぐ友』という『3人の友』と言われるが、この3者は、一朝一夕にできる友人のタイプではないからである。

死刑にいたる病(伝染に注意) 2062/MAY.14

教育熱心な父親により、幼い頃から自由な時間を得られずに勉強ばかりをしてきた雅也。

進学校に入学した雅也でしたが、大学はいわゆる三流大学(Fラン)に入学したため、父親は雅也のことを認めていません。また母親の衿子は昔から父親に家政婦のように扱われていたため、自分では何も決められない人間になっていました。うちの親父も似たようなところがあるのでやや共感しました。

雅也は大学で、中学時代の同級生だった加納灯里と再会します。中学時代は地味な印象が強かった灯里が、明るい性格になっていることに雅也は驚きます。

祖母のお葬式に参列するため、雅也は実家に帰りますが、父親は雅也のことを目の敵にします。家でうんざりした気持ちになった雅也は、自分宛てで届けられていた手紙に気づきます。ここがこの物語が転換されていきます。

 なんと手紙の主は、榛村大和。彼は雅也が中学生時代に通っていた時のベーカリーの店長でしたが、24人もの人間を殺害した上で被害者の爪を剥がしてコレクションにしていた「連続殺人鬼=サイコキラー」でもありました。

後日、雅也は、収監中の榛村に面会しに行きます。すでに死刑判決を受けた榛村は、自身の罪を認めていましたが、「立件された9件の事件の内、なぜか最後の1件だけは自分はやっていない」と告白する。

実は、それには榛村以外にも殺人鬼が存在し、今現在も街に潜伏していることの恐怖を訴える榛村は、雅也に「真犯人を探してほしい」と依頼します。

面会から帰る途中、雅也は髪の長い男と話をします。「ある人に面会に来たが、会おうかどうか決められなかった。君に決めてほしい」と雅也に語りかける髪の長い男に気味の悪さを感じた雅也は、彼から逃げるように距離を置きます。

榛村を担当している弁護士の佐村から、24件の殺人事件に関する調書を読んだ雅也は、榛村が主張する9件目の事件だけが、その他の事件と異なる点があることに気付きます。

榛村の手口は、狙いを定めた「16~17歳の少年少女」と長い時間をかけて信頼関係を抱き、燻製小屋に連れ込んで拷問を行ったのち殺害するというものでした。(ここの描写はけっこうエグイ)

しかし、9件目の事件の被害者・根津かおるだけは「24歳の成人女性」であり、さらに「山中で首を絞めて殺す」という他の事件とは違う突発的な形で殺害していました。

一連の事件に違和感を抱いた雅也は、独自に調査を開始します。

①榛村が主張する一つの冤罪

4人もの人間を殺害し、世間を震撼させた殺人鬼の榛村。彼は自身の犯行を認めていますが、立件された9件の内、9件目の殺人だけは自身の犯行ではなく「別に犯人がいる」と主張します。

私はこの時点で疑問が2つの残った。

(1)既に死刑確定の榛村が「なぜ、たった1件の冤罪にこだわるのか?」ということ。24人も殺しておいて。

(2)「どうして、榛村は雅也は選んだのか?」という疑問。おそらくこの点が作品のテーマなような気がする。

②「人の心を巧みに操る榛村」

本作では「どうして、榛村は雅也をあ選んだのか?」という疑問の一方で「雅也はなぜ、殺人鬼である榛村のために動くのか?」というのも気になる点になります。そこが榛村の人も心を巧に操るところなんですが・・・

彼の殺人のパターンは規則性があった。いたって真面目そうな学生を主な標的にし、24人もの人間を殺害した榛村は、信頼した相手を拷問にかけて爪をはがし、じわじわと殺すという末恐ろしい殺人鬼です。そんな狂気にみちた榛村であったが、周囲の人には愛想がよくそのギャップがまたさらに恐怖を醸し出していた。

この愛想の良さも怖い

あの以上なまでの冷めた表情も背筋が凍った。榛村は、人の心に自然と入り込み、いつのまにか手玉に取る術を知っていると思います。

そして榛村の標的となったのは、決まって両親や周囲の人間に、何かしらのコンプレックスを抱いている人間でした。

榛村が標的に選んでいたのも、勉強ができる真面目そうな10代の少年少女。厳しい家庭に育ったことで自由な時間を奪われ、不満を抑圧させて生きている、言わば、心に入り込む隙がある子どもたちであった。心に隙がある子どもたちを「凄いじゃないか!」と褒め自己肯定を高めることで、自身に依存させていきます。

榛村に冤罪の調査を依頼された雅也もまた同じ状況であった。、厳しい家庭環境で育ち、父親の期待に応えられなかったことにコンプレックスを抱いた。それゆえに中学時代の雅也も榛村の標的に選ばれていた。

また雅也の母親である衿子(みぽりん)が過去に榛村と関係があったことが発覚し、雅也が「榛村は自分の父親ではないか?」と思い始めた辺りから、本作の視点が転換します。

中盤まで、雅也目線で「9件目の殺人事件の真相」を追いかけるのですが、中盤以降から雅也は榛村によって心に闇を抱えるようになり、榛村に依存するようになります。同じ目線だったはずの雅也ですら、信用できなくなる。これが『死刑にいたる病』の中盤以降の恐怖となります。

榛村の標的は何かしらのコンプレックスを抱いている人たちでした。それでは幸せな家庭に育ち「普通」に生きていれば、「病」のような殺人衝動は絶対に芽生えないのでしょうか?

『死刑にいたる病』で印象的なのは、世間体に囚われるが故に人々がストレスを抱える社会を、意図的に描き出しているという点です。

学歴にこだわる雅也の父親、Fランク大学に入り将来が見えず、真面目に生きる気力を失った大学生、日頃の不満を自分より弱い立場にぶつける。そんな人は皆周りにもいます。

作中の榛村のセリフにもある「人生を大事にしていない人たち」が世の中に溢れており、何かのキッカケで雅也同様心に闇を抱きかねない人ばかりです。オソロシヤ。

そして榛村の病的な殺意は「人生を大事にしていない人たち」に簡単に感染するのです。コロナ感染もやっかいですが、こちらの感染はもっと怖いですね。

【技法】話い合いの技法 ワールドカフェ編2061/MAY.14

 今日は話し合い活動にいおける『ワールドカフェ』についてご紹介します。

きっかけは、以前の勤務校で先輩教諭の授業を見て、子どもたちが自由に活発な意見を出し合う姿を見て、自分もやってみたいと思い指導を仰ぎました。

 まずワールドカフェとはどういうものか説明していきますね。

『ワールドカフェ』とは、1995年にアメリカのアニータ・ブラウンとデイビッド・アイザックスによって開発・提唱されました。『知識や知恵は、人々がオープンに会話を行い、自由にネットワークを築くことのできる空間でこそ生み出される』という考えに基づいて作られた話し合いの技法です。

 小中学校では、学級の中にある知識や思考を自由に広げたり、共有したりしたいという場面で活用されます。教科では算数で行われるのが多いというのが実感です。

メンバーを変えながら(私は旅人さと呼んでいました)グループ交流を繰り返し、短時間で簡単かつ自然に子どもたちが学び合いに参加できる方法として有効です。

①課題について自分の考えをもつ。情報を集める。

 学習課題に対して、自分がどのような考えや立場をもっているのか、また必要に応じて考えをもつための情報収集の時間を設定することも必要です。

②グループで課題について話し合う。

 グループでの対話で一番大切にしたいことは、話し合いも場が『自分の意見が否定されることのない自由な場であること』、そして『一つの答えを目指した話し合いの場ではないこと』です。付箋や模造紙、画用紙などを用意して、1人ひとりの考えや話し合いの中で新たに生まれた可能性やアイデアを書き込みます。思考を『可視化』する環境ふくりが必要です。

③グループを変えながら対話する

 各グループで1人、机に残るホストを決め、それ以外メンバーは他の机へ移動します。(逆のこともあります)

ホストはどのような話し合いをしてきたのか概要を説明し、情報を共有したり、机に来たメンバーと意見交換、情報共有をしたりします。また移動するメンバーには、自分のグループとの相違点や納得できた考えなどを『お土産』として自身のグループへ持って帰るようにアドバイスを送る活動に意欲的に参加し効果的です。

 これを安堵か何度かメンバーをシャッフルしながら行います。

④得た情報を共有し、個人で考えを整理する

 元の机に戻り、メンバーで活動の中で気付いたことや考えとことなど情報を共有します。話し合いの中で重要度の高いアイデアや次時に活かせそうな考えは付箋で強調するなどして可視化します。

 最後は個人で活動を通じて考えたことや課題に対して自分の考えがどうのように変化したのかを客観視して書かせます。変化のきっかけとなった発言やアイデアなどを具体的に書かせることで、今後、考えを整理したり収束させたりする際の効果的な情報になります。

【健康】心身の疲れは何曜日?2060/MAY.14

みなさんは一週間を通して何曜日に疲れがピークになっていると感じますか?

私は確実に木曜日です。子供達の様子を見ているとやはり木曜日がつらそうに感じます。

最近読んだ本『働くあなたの快眠地図 角谷リョウ著 フォレスト出版』の中で興味深いものがあったので紹介します。結論から言うと、心身の疲れがピークになるのは木曜日であり、ちなみに1番元気なのは土曜日である。

理由は、翌日がやすみだと分かっていると、安心感や期待感から自律神経のパワーが回復することがわかっています。

  1. 自律神経が最も乱れるのは木曜日
  2. 飲み会に設定してはいけないのが、水曜日、ベストは木曜日
  3. 水曜の夜にしっかり寝ると、いっしゅうかんを通して快調にすごせる
参考図書

水曜日は、完全に携帯はシャットダウンして、7時間以上の睡眠をとることを課したい。

代わりの人間はいくらでもいる2059/MAY.14

教師になる前に私は一般企業に就職した。そこで上司に言われたことがある。『組織の本質ってなんなのか、わかるかね』と誘導尋問的に聞かれた。

という言葉だった。しかも酒を飲みながら。当時は飲んだ勢いででた言葉なんだろうと思っていたが、かなり教訓として今も私の仕事の糧となっている。

社内には、よほどの能力を持つ者、野球に喩えて言うと大谷まではいかなくともメジャーからお呼びがかかるレベル。それ以外の人は、極論するといようがいまいが組織にはほとんど影響がない。いなくなれば、その役割をこなす代わりの人間が出てきて、その仕事を担うようにぬる。

 どんな人でも、たいてい自己評価は他者からの評価よりも甘くなる。自分もそうだ。少しでも成績を残せるようになると、自分は組織に欠かせない存在であると思い込みがちになる。その心のゆるみが、活躍の場を失うきっかけになる。

故野村克也は現役時代、首脳陣に対してどんなに怪我をしても自分から『代えてください』とは言わなかった。『休んだら、他の選手にレギュラーをとられる』という危機感が常にあったからである。

『代わりの人間はいくらでもいる』。これが組織の本質である。

 そのことを理解し、自らを高め続けられる者だけが、一流の域に辿り着ける。

今では解釈できるようになり、決して酔った勢いでもなかったのもなかった。大谷翔平のようなスーパースターにはなれないが、自らを高めることは続けられる人材でありたい。

NICE GUYS 2058/MAY.18

シングルファーザーで酒浸りの私立探偵マーチは、腕力で揉め事を解決する示談屋ヒーリーに強引に相棒にされ、失踪した少女の捜索を開始する。この凸凹コンビに、13歳なのに車の運転までこなすキュートなマーチの娘・ホリーが加わり捜索を進めていくと、簡単なはずだった仕事は1本の映画にまつわる連続不審死事件へと繋がり、やがて3人はアメリカ国家を揺るがす巨大な陰謀に巻き込まれていく―。コードネーム“オールド・ガイ”“ブルー・フェイス”“ジョン・ボーイ”・・・次々と襲い来る凄腕の殺し屋に標的にされ、3人は命がけで事件解決に奔走するのだが・・・。

残念だけどナイスな奴ら

久しぶりにラッセルクロウの映画を観た。いつ以来か。時代は、1977年、カリフォルニア州のロサンゼルス。喧騒から溢れる街から少し離れた静かな邸宅で、夜の暗闇に室内の光が浮かぶ中、その邸宅ではひとりの少年が父の部屋のベッドの下からポルノ雑誌を盗み出し、満足そうに眺める。うちの祖父はベッドの下でなく、たんすの後ろでしたが・・・

そこで掲載されているのはポルノ女優のミスティ・マウンテンズの艶めかしい全裸。興奮さめやらぬうちにキッチンを離れた瞬間、家に1台の車が突っ込んできた。一気にこの映画の入口に突入した瞬間だった。

それにしても、ミスティマウンテンズの名前はどこからとったのか気になる。その名前を聞くと、ディズニーランドホテルのミスティマウンテンズ・プールを思い出す。確かにプールサイドはあったが因果関係は???だ。

本作は、もちろん二人のドタバタ劇の見どころに一つであるが、1970年代のアメリカの情勢を視点に入れてみると、さらに深く観れます。

 アメリカ経済の黄金期といえば、自動車産業が急成長していた1940年代~1960年代です。そして、そのアメリカ自動車産業に陰りが見え始めたのが1970年代頃。この時期に起きた、自動車増加による深刻な大気汚染や交通事故、そしてオイルショックによって、質の高い自動車が求められるようになり、その結果、アメ車はヨーロッパと日本に惨敗。要するに、1970年代はアメリカがハメは外していた最後の時期であり、以降、どんどん衰退していった転換点といえます。また、当時のファッションも見どころです。

70年代後半はファッション・アイコンだったジェーン・バーキンの影響でジーンズを履く女性が増えた時代。好奇心いっぱいのホリーも、ベルボトムのジーンズやオーバーオール、刺しゅう入りのGジャンなど当時のティーンズカジュアルの流行を体現。そのほか、3人が潜入するパーティやモーターショーといった場面でも、当時を代表するレインボーモチーフやサイケデリックカラー、フォークロア調のドレスを着用する女性たち、さらには目にした誰もが驚く大胆なボディペイントまで登場し、ぞれぞれファッションへのこだわりが存分に発揮されている。

インテリアや音楽、車に至るまで、色彩豊かな時代の雰囲気が見事に再現されているので、70年代カルチャー好きはもちろん、当時の刺激的な時代性を楽しむこともできます。

このように『ナイスガイズ!』という映画はアメリカの1970年代の要素がたっぷり凝縮された作品です。

バディ映画であり、私立探偵と示談屋の男二人が手を組み、カッコよく巨悪を倒す…と思いきやそうは問屋が卸さない。私立探偵は酒まみれの弱腰、示談屋は何でも暴力で解決、なんとも残念な奴ら。そんな奴らですから、普通に事が進むはずもなく…。

最近のアクションとは一味違う、1970年代クラシカルな痛快ドタバタ&ハチャメチャ路線コメディとなっています。ギャグとアクションの混ぜこぜ感がちょっと「ルパン三世」っぽい気もしますが・・・

子役のマーチの娘もいい感じでバカなので、楽しさが何重にも倍化して最高でした。13歳で車を運転する設定もGOODでした。

監督は『リーサル・ウェポン』(1987年)の脚本家で有名な“シェーン・ブラック”。最近だと『アイアンマン3』の監督と脚本をつとめました。

 本作は、主演の“ラッセル・クロウ”と“ライアン・ゴズリング”がとにかくいい味を出してます。明らかに旧時代的な「力こそ全て」みたいな生き方をしてきたであろう男を完璧に体現できる“ラッセル・クロウ”と、明らかに今風な「力とかより、ほら、他に何かあるでしょ?」みたいな草食系な感じの男そのものな“ライアン・ゴズリング”。これ以上の凸凹コンビがあるのかというベストバディがとにかく見ていて楽しいです。ビールを飲みながら気軽に観れる映画です。

授業中にスピードを育てる指導2057/MAY.13

スピードは、すべての教育活動の生産性を高める

授業にスピードを育てる指導について、私はTOSSの先生のセミナーで初めて学んだ。今からもう10以上前のことだ。

それまでは授業の中で「スピード」という視点はまったくなかったでの初めて観た時は衝撃的であった。授業の準備、給食の配膳、清掃活動等、活動がとにかく早い。向山先生の教えの中に「待たない」という代表的なものがある。最初は、全員そろってから授業を始めるのがセオリーであるとずっと思っていた。しかし、待つことで授業が緩むことを肌身で何回も感じた。他にも、給食、掃除、朝の会、帰りの会も同じようにスピードを高めると、時間が創出され他の指導ができる。

素早く行うと「ついていけない子はかわいそう」とか言われそうであるが、それは違う。素早さとは、1人ひとりが常に何をすべきかよく考えていないとできないし、自立していなくてはできない。また、教師かたの話や指示をよく聞いて自分で判断して動かなくてはならない。

1人ひとりが自分の頭で考えてサッと動かないと、常に「次は何するの」と誰かに聞いてから動く。あるいはクラスの中のしっかりした子だけがサッと動いているのを見て遅れてから他の子が動く、という感じになり、結果的にクラス全体のスピードは遅く、ダラダラしたようになってしまいます。

反対に落ち着かないクラスを見ていると、掃除が長引いて休み時間までやっていたり、授業もダラダラして進度が遅くなったりします。また、授業が始まっても、トラブルのあった児童を廊下で対応していて、待っている子が放置されているのも時々あります。

 子どもたちがキビキビとスピーディに動く、ということは良い学級づくりに欠かせない要素の一つだと自分は考えます。今日は総論的な話しをしました。次回は場面ごとの実践方法を紹介していきます。

無視されて三流、賞賛されて二流、非難されて一流 2056/MAY.13

 無視する、賞賛する、非難する

これは私の尊敬する故・野村克也が残した言葉だ。

この言葉は、すべての分野で一流の人間を育てていくための原理原則で、「無視、賞賛、非難」の順にステッもプアップしていく。

 無視されているときは、己で考えられる力を身に付けなさいという時期である。

 賞賛されているときは、成長を評価されるようになったということだが、裏を返せば、まだ一人前扱いされていないということでもある。

 非難されていることは、一人前になった人に、さらに上を目指すよう仕向けるための「うぬぼれるな!」という意味合いがある。

 育てられている側は、無視されたとき、賞賛されたとき、そして非難されたときに、それをどのように受け止め、いかなる行動を取るかで、一流になれるかどうかが決まる。無視されたら、「そうしたら認めてもらえるどうろうか」とひたすら考える。賞賛されたら、「自分は凄いのだ」と勘違いすることなく、さらに努力を続ける。

 もし今非難されているのなんら、それは期待の裏返しだと思えばいい。悔しさを受け止め、精進を重ねれば、きっと一流に近づけるだろう。

この言葉の意味を知ってからは、極度に落ち込むことはなきなりましたし、一喜一憂することもなくなりました。さすがに、子どもを指導しる場合は賞賛以外は難しいですが、堂々とこの言葉を使ってみたいものですね。まだまだ自分は修行が必要です。

考え自ら動く指示 2055/MAY.9

子どもが「考え自らし動く 」ようにしていく指示とは、教師側が子どもにしてほしい行動を一つには絞り込まず、なるべく子ども自身に気付かせたり考えさせたりしながら、自主的に動けるようにようにしていくための指示です。

「考え動かす指示」では、教師側に子どもにしてほしい行動の方向性は明確にあるのですが、具体的な行動を一つに絞り込みません。方向性は定めつつ、その方向性で具体的な行動は子どもに任せるイメージです。

 例えば、「教室を見渡します。何か気付くことはありませんか。気付いたことをします。」という指示では、「教室の中の汚いところを掃除したり、乱れているところを整頓したりすることを願いつつも、その具体的な行動は子どもに任されます。

 他にも、次のような指示が「考え自ら動く指示」に当たる。

●先ほどの避難訓練での自分に点数をつけましょう。1点〜3点です。(それぞれの点を発表させた後)2点や1点の人は、次は何を改善しますか。言ってください。

●今の自分たちの班の課題を三つ考えます。それに向けて何ができるか考えましょう。

●時間が少し空いたので、手が空いている人はクラスのためになることを何かしてください。

子ども自身に気付きを促し、自分ができることは何かを考えさせることに意味があります。

力量のある教師のクラスは、子どもが指示待ちするのではなく、自ら動いていきます。そんな教師は意識的・無意識的を問わずこの「考え自ら動く指示」を使いこなしています。かの有名な福山憲市先生も著書の中で次のような指示を紹介しています。(福山1997P93)

参考文献

この指示は帰り際に出すそうです。すると子ども達は、机をそろえ、ごみを拾い、カーテンを閉め、廊下の窓閉めなど様々なことを自分で見つけて取り組むそうです。

 日頃から「考え自ら動く指示」を見付け、使えるようになっていくと指導の幅が広がることができます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

自分らしさを追い続ける 2054/MAY.9

「ウサギとカメ」という寓話がある。よく寝る前に母親に読んでもらった。

足が速いウサギとのろまなカメが競争し、最終的にはカメが勝つという誰もが知っている話である。

これは、実社会でもしばしば起こりうることだ。無論、わたしはカメの部類に属すると思う。

 人はどうしても目先の利益ばかりを求めようとするものだが、遠回りでも、人目につかなくても、自分らしさを追い続けることが大切だ。それがいつか何倍もの利益になることがあるということを、忘れてはならない。

 しかし、自分らしさとはなかなか見つけるのはなかなか難しいが、方法は3つある。

①得意なこと

②大事にしていること

③好きなこと

 それらの要素をすべて含んだものが「自分らしさ」である。亀のようにゆっくりでいいので、「自分らしさ」を見つけることで新たな世界が広がるかも知れませんね。

即戦力といえるスキルを、ひとつでもいいから持つ 2051/MAY.8

多芸は無芸」(たげいはむげい)の意味

 まだ若手のかけだしの頃、指導教諭にこんなことを放課後の教室で尋ねられた。「これから長い教員人生の中で大切なことがある。それは即戦力といえるスキルを、ひとつでもいいから待つこと」と言われてた。

「その時はまだ自分が頼りないからでたアドバイスだったのかも」と思って素直にはあまり受け入れていなかったが、歳を重ねるにつれ、あの時の言葉の「意味」が分かった。

教員の世界はある程度年数が経過すると異動になる。その回数が多いほど「即戦力」としての働きを求められる。これはどの世界も同じだし、人よりも何か秀でているものをもっている人のほうが評価をされやすい。

野球に例えてみよう。プロ野球の世界では、「俊足」「強肩」「長距離打者」といった天性の素質のどれかを備えていればものになることが多いが、それがなくても「生きていける」道は存在する。例えば、「勝負強さ」だってひとつの武器になる。「川井昌弘のように送りバントが抜群に上手い」ということでもいいし、「川藤幸三のようにベンチのムードを盛り上げることが得意」でも構わない。

他の選手にはないキラリと光るものがあれば、それだけでプロ野球選手として生活できる。いちばん厄介なのは、すべての面で「平均点」可もなく不可もない選手に思う。

 このことはビジネスの世界、教員の世界でも同様であろう。アピールする材料がまるでない人より、八方破れのようでも「この仕事内容ならば、あいつにまかさせられる」という評価を得た人のほうが、チャンスを与えられることが多いものだ。職場でもそういう人はいる。「〇〇の仕事ならあの先生だよね」みたいに。

 プロフェッショナルを目指すならば、「即戦力」といえるスキルをひとつでも持つことだ。「私の特技はこれです」とアピールできるものがあれば、活躍の場は必ず見つかるはずだ。そのためには、できるだけ早い段階で自分にしかない光るものに気付き、それを徹底に磨くことが大切である。

チョコレートドーナッツ2050/MAY.7

STORY

同性愛に対して差別と偏見が強く根付いていた1970年代のアメリカでの実話をもとに、育児放棄された子どもと家族のように暮らすゲイカップルの愛情を描き、トライベッカやシアトル、サンダンスほか、全米各地の映画祭で観客賞を多数受賞したドラマ。カリフォルニアで歌手になることを夢見ながら、ショウダンサーとして日銭を稼いでいるルディと、正義を信じ、世の中を変えようと弁護士になったポール、そして母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年マルコは、家族のように寄り添って暮らしていた。しかし、ルディとポールはゲイであるということで好奇の目にさらされ、マルコを奪われてしまう。

感想

1970年代のアメリカで実際に起きた実話と聞いて胸が痛くなった。同性愛者への偏見、親の子育て放棄、しかもその子は「ダウン症」という障害を抱えていた。どれ一つとっても大きな社会問題として今もなお残っている。特にLGBTは近年理解が示されているが、実際は偏見ね目は今もなおある。

どの視点でも十分問題提起するには十分すぎる要素満載の本映画。辛辣にコメントすることもできるが、映画らしくエンタメも残しつつ共感したことを綴っていく。

この三人に共通することは「孤独」であった。主人公のルディは同性愛者であり、それがゆえに自分の「夢」である「歌手」になることができない。しかし、彼はそれを隠そうとせず、ショーダンサーとして日銭を稼ぐために今を生きていた。同性愛者ということを隠そうとしない彼の「自由」な生き方に強さを感じたが、それ以上に社会の目が彼の生き方を許してはくれなかった。時折彼の見せる世間に対する葛藤の目は「孤独」な目をしていた。愛が全てとは言えない当時のアメリカ。怒りや悲しみをすべて抱えて歌に託していた。一つ一つの歌詞が彼の心情を巧に表していた。

もう1人の孤独はダウン症の「マルコ」である。彼は親の愛情、そして自分の居場所である「家」を求めていた。あんなだめな母親なのに、マルコは文句ひとつ言わず母親の虐待に耐えていた。寝る前にルディがマルコに読んだお話は涙はでる。マルコは物語の最後には「ハッピーエンド」にしてねと茶目っ気たっぷりにお願いする。マルコが求めていたのは、心の平和であったと思う。それは温かい家庭であった。

最後に世の中を変えようと弁護士になったポールだ。世間的に彼は成功者であるが、彼は自分の成功、名声に対してどこか満足していなかった。かつては家庭もあり豊かな人生を過ごしていたが、離婚をしていてた。成功はしたが、家庭という「幸せ」が彼にはなかった。自由はあったが・・・だから、ルディの勤めるBARに夜な夜な1人で訪れていたのだろう。

このように三人を結んでいたのは「孤独」である。孤独は現代の日本の課題でもある。(世界的)書店でも「孤独」に関する本もけっこう目立つようになっている。今後映画界も「孤独」をテーマにしたものが増えるであろう。

すべては、己を知ることからはじまる 2049/MAY.7

私が好きな言葉に「己を知る」というものがある。

今の自分には何がたりないのか、どこが弱いのか、どこを磨けばいいのか。

私がサッカー選手として世界で結果を残すことができたのは、「自分にはサッカー選手としての才能がたいしてないから、誰よりも技を磨くしかない」と思えたからだった。さらにこう続く。

もしわたしが、己を見極めないままサッカーを続けていたらなば、サッカー人生は短命に終わっていたことであろう」と。

我を知らずして他を知るといふ理あるべからず。すれば己を知るを、物知れる人といふべし

徒然

 これは、鎌倉時代末期から南北朝時代の歌人・随筆家である吉田兼好が書いたとされる日本を代表する随筆「徒然草」「の一節である。

自分を知らない者が、本当にものを知っている者が、他のことを知るわけがない。自分のことをよく知っている物が、本当にもの知っているという意味である。平たく言えば、自分を知らないさ人間が大成する道理はないということ。つまり、すべては、己を知ることからはじまる。

 己を知れば、身に着けなければいけないことや自分を活かせる場所、または方法が見えてくる。自分にとっての正しい目標が定まれば、そこに向かって前進するのみである。

教室コトバのつくり方 2048/MAY.7

つい先日買った方を紹介する。森川正樹先生が執筆された「教室コトバのつくり方」(東洋館出版社)の本である。

この本はすぐに目についた。というのは「教室コトバ」という言葉と、表紙のカラーがラーメン二郎を思わせる黄色、白、黒の3色のみで、自分にとってはインパクトがストレートに入ってきた。また、表紙にイラストのないのも好んだ理由のひとつだ。

そして最も気に入ったのが、「教室コトバのつくり方」の文字に割って入るように矢印で「秒で刺さって子どもが動く」と書いてある。

子どもを動かすにはいろいろな手法がある。その方法は主に「指示」といった形で出されるが、本書の特徴は「指示」ではなく、子どもが「自分で考えて行動する」といったやや発展的なものが多く紹介されている。自分の指導で振りかえってみると、子どもが主体的に動くコトバがけは少ないほうであると自覚している。そしてどこに着目するかというと、それは「言葉」である。

本書は全部で4章だてで構成されている。

  1. 教室コトバのつくり方
  2. 教師コトバで学級をつくる
  3. 教室コトバで授業をつくる
  4. 教室コトバで自分を磨く

ノートのマスに合わせて丁寧に書かせる指導で、私は字は大きく、丁寧に、濃くと指導をしています。1年生でも6年生です。しかし、この表現が「抽象的」なため、中にはどのように書いたらいいか分からない子もいます。この教室コトバを使ったところ、「小さい字で書いている」子はしっかりと大きく書けるようになりました。この言葉からわかるように、子どもたちに一瞬でイメージできることが大切であうる。

授業中に騒がしいときに、反射的に「静かにしなさい」と言ってしまう先生も多いのではないでしょうか。私はよく使っています。人の話を最後まで聞くということは、「相手を大事にする」というものが根底にある。「静かにするはそもそもなぜのか」が重要である。

ほかにもたくさんありますが、ぜひ子どもたちに一瞬でイメージできるコトバをたくさん知っておくことが教師のたしなみであると私は感じる。

自立した子を育てるのは、どの教員も同じある。しかし、日々の多忙な生活の中で、正しい行動を担任が決め、子どもに考えさせる時間を奪っている。(それも必要な時ももちろんある)

私が指導で取り入れたい言葉を本書の中からいくつか所紹介する。

千葉の風にゆられ朝散歩 2047/MAY.4

週に何度か朝散歩を日課にしている。

いつもは決まって自宅周辺の公園や、近所をてくてく歩く。まぁそれはそれで楽しいのですが、時々旅先でするのが朝散歩を長く続ける醍醐味。

今朝はわが千葉ロッテマリーンズの本拠地、マリンスタジアムで朝散歩。コースはスタジアム🏟を外周しながら、浜辺に出て朝日を浴びながら歩く。

ライトスタンドを浜辺から見る👀と、今にもあの大声援や、谷保さんのあの声で『4番レフトサブローーーー』のアナウンスが聞こえてきそうな感じがする。

しばらくそんな感じでペロと美咲を連れて歩くと、30年前のことを思い出した。

ここから見るマリンが好き

千葉ロッテが川崎からこの幕張に移転したのが1992年。当日高校生だった自分は、親友とオープニングの試合を見に来た。足利市から3時間かけて。そして、今歩いている砂浜で、キャチボールをした。

西村や横田、愛甲、ディアズの応援歌を歌いながら何球も投げプレイボールまでの時間を潰した。キャチボールが飽きると、どちらかが投手になり投球練習をした。

自分はよく小宮山の真似をした。友達のレパートリーはえげつなかった。村田兆治、山沖(阪急)、山田久志、岡林が特に多かった。決まって捕手は青柳で審判は平光だった。

こんな話を娘にしても分かるわけはないが、友人とのドラマも、千葉の風にのせて聞いていたことだろう。

ラーメンは月に1度のご褒美😘2046/MAY.3

月に一度だけラーメンを食べることが許されている。そういうと、糖尿病で主治医に止められているか、早くも数ヶ月後の定期検診に怯えているか、お腹にがっつりたちの悪い脂肪がついたかのどれかなんだが。

この修行にも似たラーメン苦行は、誰のアドバイスでもなく自分で課したもので、今年の一月からスタートしている。最初は仕事帰りにこそこそと食べようという思惑があったが、、以外にも信念を貫いている。少なくても今日までは。

そして、今月もそう難なくクリアできそう感がある。(かんじんの体重はさほど変わり映えしないが。)

 友人からは『ストイックだね』なんて気の抜けたことを言われるけど、けっこうこの月一ラーメンは楽しい。

新たな楽しみと言うとおおげさですが、一言でいうと新たなラーメンとの出会いを求めるため。

頻繁にたべていた時は、近場でさっくと食べられるところを選んでいましたが、月に1度となると、強制的に厳選しなくてはなりません。だから、この月一にしてからある程度調べてからチョイスするようにしています。場もできれば近郊ではなく旅行と合わせるのが好きです。

今回は、千葉県の人気店、『杉田家』をえらんだ。杉田家は、横浜家系ラーメンの総本山「吉村家」の直系第1号店「杉田家」の初となる支店。

味は醤油ダレの効いた豚骨醤油スープに、麺は酒井製麺の中太平ストレート麺でした。

営業は早朝5時から。

いち

葉山で日曜市 2045/MAY.2

葉山と言えば、日影茶屋。

しかし、今日の目的は日影茶屋で肩をひそめるのではなく日曜市。日曜日に朝市場が葉山マリーナな漁港で開かれている葉山の風物詩。

宿泊地から車を走らせて10分。漁港には県外ナーバーが多い。北は北海道から南は鹿児島まで。以前高知の日曜市に何度か行ったことはあるが、もっとローカルな感じがした。

ゲートが近づくと、漁港だけあって『海産物』特有の匂いが、海風と一緒に鼻に入ってくる。ワカメ、サザエ、干物、そしてシラス。どれもこれも地元の取れたてのものばかり。一つ一つ見ているだけでも飽きない。

村上春樹は動物園でずっと動物の様子を見ていても飽きないと、エッセイ集で読んだことがある。(私の場合は、市場で新鮮なものを見ている時だけですけど。)それだけで満足。😃不思議とスーパーにはそういう感じにはならないんだけど。

ネタの良さもさることながら、威勢の良いオヤジの声、時折『他の人には内緒ね。』と安売りをしてくれる気前の良さも楽しみな一つ。『いらっちゃい、いらっちゃい』なんて、地元のような言葉でアピールされたら、買わないワケには行きませんよね。

おっちゃんの横にペットの愛犬なんて連れていたら最高なんだけどね。

ちなみに名物?のタルトの行列に並びに参加しとりあえず『タルトと切れ端を買わずに何しにいったの』とは言われないものをゲットした。


夢の空間 逗子映画祭 2044/MAY.1

最高のロケーション

逗子映画祭が3年振りに開催されると知ったのは桜が咲く4月の初めであった。ここ数年はコロナ禍で開催が中止になっており、ようやく満を持しての開催の運びとなった。もう毎年「今年こそやってくれ」と何度も心の中で願っている映画ファンはたくさんいると思う。

よくディズニーランドを「夢の〇〇」と喩えるが、この逗子映画祭は私にとっては、ディズニーランドを超える「夢空間」なのだ。(もちろんディズニーも年間パスポートを買うぐらい好きであるが)

近年、映画館はソフト面に力をそそいでいる。椅子の素材、リクライニング式、カップルシートなんかはその代表であろう。中には数万をするシートも存在する。それはそれで、素晴らしいのだが。また4D対応では水が噴射されたり、激しく揺れたりするなどアトラクション化したものもある。

しかし、この逗子映画祭にはそれらを超える「空間」がある。洗練された音とは程遠いが、寄せては返す「波の音」と、哀愁漂う夕暮れである。けっしてプラス料金は発生しない。そこにいるだれもが共有できる。犬もカラスも、海を泳ぐ魚たちも。

また、この期間だけ、メリーゴーランドが出現する。乗っている人を遠めに見るとみんないい笑顔で乗っている。かすかにビーチボーイズの「surfer girl」が聞こえ、コロナの瓶ビールを飲みながら黄昏ている。

まだ冷たい海に足を入れてはしゃいでいる女の子たち。普段は「もっと静かにしてくれ」とは思うが、この特有の空間ではいいかんじに映ってくれる。こんな最高の気分の中で、映画が始まる。そして、映画がさらに好きになり、また来年も来ようと思わせてくれる。

それが、逗子映画祭である。ちなみに、今年購入した2日目は悪天候で中止になりかなり落ち込んだ。へんこんだ。でも、それも「夢空間を演出するちょっとしたいたずら心からくるものなんだろう」と思うようにしよう。ちなみに映画は「shall we dance」でした。

離任式に思うこと 2043/MAY.1

この時期、小学校では卒業式以外にもう一つ「お別れを」告げる儀式がある。これまでお世話になった先生方との「お別れ式」がある。この世界でそれを「離任式」と呼んでいる。

 いつから始まったかは不明だが、自分が小学生の頃はすでにあった。私も40を過ぎる教員なわけで、これまでに、数回その儀式を経験させてもらった。最初にさせてもらった時にこの式の違和感を少々感じた。それは、すでに新天地では新しい生活がスタートを切っているのに、なぜこの時期にと。できれば、修了式と同時に行わせてもらいたいものだと当時は思ったとか、思っていないとか・・・

さて離任式であるが、少々気を遣うことも多い。ざっとあげると

  • スピーチの内容をどうするか(当たり前だが)
  • お菓子を何にするか
  • 夜の会のスピーチの内容(コロナ禍前)
  • クラスを回ったときの話す内容
  • 職員室での話す内容
  • サインの練習
  • 先輩教員の話の内容とかぶらないか
  • 先輩教員よりも長く話さない
  • 目立つことをしない(中にはギター片手に歌ったり、ギャグを言ってすべる先生もいた)

私が経験した中で言うとこんな感じである。

「サイン」に関しては自慢話ではないが、子どもたちから「先生サインして」と案外求められる。当時はその求めに驚いた。正直これまでの人生で人にサインなど求められてことがなかったし、ましてや個人的に練習したこともなかった。何より今日求められるなどこれっぽっちも思っていなかった。

ある先輩教員には、冗談か本当かは定かではないが、「気の利いたサインを書けるようにしておいたほうがいいよ」なんて言われた。

数年後の離任式でも同じ光景がそこにはあった。自分だけではなく、離任される先生はみなほとんど書いていた。私は数人であったが、多い先生だと子どもたちが群がっていた。(少しはうらやましいとは思いながらも・・・)あの先生の言っていたことは本当であった(笑)

ちなみに私のサインは気取った筆記体で本名を書き、その隣にキン肉マンの絵を添えている。受けはどうか分からないが、気に入っている。ドラえもんやピカチューも書けるがキン肉マンなのである。

時々思うことがある。それは、私が初めて書いたサイン今ごろどうしているのか。いつ離任するかまだ分からないが、その日を迎える時のためにキン肉マンに磨きをかけておこうとするかな(終)

我が心の谷内六郎 2042/APR.30

今日はずっと行きたかった谷内六郎館に娘と行って来た。場所は横須賀美術館の別館にあり、東京から2時間近くかかるが、それ以上に六郎氏の数々の作品を観賞することができて大満足。

美咲ちゃんwith谷内作品

自分が六郎氏を知ったきっかけは大学1年生の秋、高田馬場の古本屋で売っていた新潮文庫の表紙を見てからだ。それまで、美術に関しては見向きもしなかった((版画家の川瀬 巴水を除いては)田舎もんの青年が・・・まさか1人の画家に興味をもつとは・・・

 表紙の絵は家族団欒でカルタをする「新年」の一コマ。制作は昭和42年制作のものであった。当時「核家族」が急激に加速され、社会がどこか「絆」をどこかで求めていた時代だった。彼の作品はそんな昭和の家族のぬくもりを感じさせてくれた。それ以降、週刊新潮の表紙を切ってはノートによく貼っていは遠い昔を懐かしんでいた。

 彼の魅力はなんといっても、昭和の懐かしい原風景を感じさせてくれたり、活き活きとした子ども達の様子が氏ならではのユーモアを交えて描かれたりしているところだ。

 気付けば1時間近く数々の作品を見るのに没頭していた。好きなことに没頭する時間こそが「人生の幸せ」な時間であると、チクセントミハイは言っていた。まさに、今日はそんな幸せな時間を堪能できた。

【重要】魔の◯月を乗り越える方法とは2041/APR.29

おはようございます。怒涛の4月が終わり今日からゴールデンウィーク。ちょっとゆっくりするには最高の期間ですね。

さてみなさんの学級運営はいかがだったでしょうか?私のクラスは教師も子供達も持ち上がりでしたので、クラスを組織したり、約束、決まりごとは多少アップデートしましたが、基本的に大幅に変えていないので、少しはアドバンテージはありました。

それよりも、多少のアップデートに新たな教育的活動を入れていきました。例えば書く力をつけるために日記作文を宿題に課したり、討論ができる素地づくりのため、全員発表する活動を入れたりしてます。

話を戻します。今日は魔の◯月というテーマになるわけですが、一度は魔の5月、11月、2月というのを、この業界の方なら聞いたことがあるのではないでしょうか。ちなみに私ははっきりとその体験はしたことはないのです、みたことは何度かはあります。

どういう状態かとゴールデンあたりから、子どもの状態が少しずつ緩み、最初は数人だったのがジワジワ拡大して6月頃には、担任の指示が通らなくなってしまう。

いわゆる『学級崩壊』です。考えられる原因は主に2つあります。どちらも、仮説ですが当てはまらないこともあるでしょう。

特に❷が多いような気がします。4月は、新たな気持ちでいろいろと頑張ります。今年こそはさらによくしよう、あの失敗はもうしたくない、違ったことにチャレンジしてみようといった気持ちになり、『学ぶ』時間に自己投資します。その証拠に、書店の教育コーナーは4月が1番ばん賑やかです。

また、わたしのブログのアクセスも3月後半から4月にかけてが、年間を通して1番多いです。そして、それ以降は徐々に少なくなり、また9月に増えては下がり、1月に増える傾向があります。

何か言いたいかというと、

学期の始まりだけでなく、それ以降もしっかりと必要な情報を取り入れ、それを実践していき、フィードバックし、日々改善していくこと。

だと思います。

そうすれば、魔の◯月は自ずとなくなるでしょう。

以下に参考動画を添付しておきます。

社会 わたし達の都道府県2040/APR.29

POINT

発問、指示の後、作業させ必ず確認する。一度に全てを扱わず、授業の開始時などに、少しずつ扱っていく。

【展開】

❶(自分の都道府県の写真を提示:これは私たちの栃木県のある場所の写真です。この写真みて、わかったこと、気づいたこと、思ったことをノートにできるだけたくさん箇条書きにしなさい、

POINT

3つ書けた子から持ってこさせら板書させる。名札をはり、褒める。

❷何市(区町村)でしょう。予想と理由をノートに書きなさい。

航空写真またはGoogleアース

POINT

次々指名なし発表させていく。予想なので全て認める。

❸地図と比べて、おかしいものがあったら発表しなさい。

POINT

都道府県の地図配布。写真と地図を比べて条件が合わないものを消していく。

❹(市区町村を確定後、県全体の地図を提示)何の形に見えますか?

参考文献 社会の授業の新法則 3.4年生 向山洋一著 学芸未来社

千葉ロッテ4月通信簿 2039/APR.29

今日の時点で借金4。4月の負け越しが決まった。気がつけばBIG BOSSの背中も見えてきた。今日、明日と連敗すると借金は最大6まで膨れ上がる。今年こそ悲願の優勝を目指すチームにとっては、かなりかなり厳しいスタートだ。

通信簿でいうと、『1』。『がんばりましょう』の項目がたくさんある。投手、打者、監督の采配のいたるところで。あげたらきりがない。書き殴りたい気分だ。本人も呼んで三者面談を開いて、今の状態だと、来季の契約はありませんよ』と通告したいレベルの選手がたくさんいる。

とはいえ、少しは明るい話題もまいておこう。それはもう、佐々木朗希の活躍に尽きる。実際に自分が自主的にロッテの試合を見たの彼の試合と、開幕戦ぐらいのものだ。チケットも佐々木の試合は完売になった。

5月は佐々木以外の選手の活躍も見たい。切実に。仮に5月も4月のような成績であれば、終戦になる。気がかりは、マーティンの不調だ。打率はなんちた1割台だ。あまりにも打てないので、セーフティーバントをしていた。

いいかげんパッチリと目を覚ましてほしい。

佐々木朗希、明日登板2038/APR.22

楽しみな日曜日がまたやってくる。

嬉しい日曜日がやってくる。

神様、仏様、佐々木様。

あと何回完全試合をするんだろう?

あと何回、度肝を抜かしてくれるんだろう?

いつか肩を壊すのではないか?

周囲の重圧にメンタルがやられないか?

期待と不安が入り混じるけど、断然期待のほうが大きい。

前回のパーフェクト降板で賛否が当然のように出た。もはや佐々木狂想曲状態だ。ちなに私は投げてほしかった派ですが🙏🙏🙏

いろいろ賛否がある中で、腑に落ちたコメントを見つけた。こんか感じでコメントしていた。

伝説になる選手は、長い現役生活の中で、たいてい曰く付きの記録が一つや二つはある。

ようは語り草になるような、物言いがつくような記録があるというわけだ。

オールスターで8連続三振の記録をもつ昭和の怪物、江川卓もそのひとり。球種はストレートとカーブのみ。分かっついても打てない。スピードガンの性能が今ぐらいよければ、160キロを超えていたと言われている。

他にもいる。孤高の天才、前田智徳や清原は信じ難いが無冠で現役を終えている。彼らもその部類だ。無冠だったがまちがいなく彼らは記憶にも、記録にも残り、今でも語り草になっている。

明日はどんな伝説を作ってくれるのか?いきなり大暴投から始まるかもしれない。

今晩は前祝いとして、一ヶ月に一回しか食べないラーメンを食べに来ている。わざわざ遠出をして。ここは家系総本山 ラーメン吉村家。ラーメンファンなら知らない人はいない超人気店。100人ほど老若男女が並んでいる。

これで明日完全試合でもしたら、再来週もまたここでラーメンを食べにこようかな😙

引越し前の思い出😄上京編2037/APR.23

最近出勤途中に、引越し作業の車をよく見かける。今も昔も変わらないこの時期の朝の風景だ。

朝からご苦労様という気持ちで自転車で通り過ぎて学校に着く。さっきまで『行くのが億劫だなぁ』という気持ちが一気に吹き飛ぶ。

それにしても、引越しってなんだか胸がおどりませんか?私は、これまで3回引越しをしている。その中でも1番印象に残っている引越しについて話します。多少思い出にひたりながら。

大学受験が無事に終わり、3月10日に高校を卒期した。その夜、地元(足利市)の別の学校に行った友人から電話が入った。『引越し先決まった?、いつ足利出る?』と聞いてきた。

その時はまだ引越し先は決まっていなかったけど、『たぶん西武新宿沿線かなぁ』なんて言ったと思う。その後はお互いに憧れの東京生活がもうすぐ始まる喜びで浮かれた話をしていたと思う。合コンしたいなぁみたいな。

そして、明日れいの物を持って渡良瀬橋の下に集合しようと言って別れた。あるものとは、中、高の思い出の品々。特に男として部屋に置いといたらまずいものがメインだった。

自分は旅行バックがパンパンになるぐらい雑誌、ビデオ、アイドルグッズを入れた。ちょっと背伸びをした気分だった。

友人はなんとスーツケースで来た。つくづく変な奴だ。(ちなみに立派に医者になったが。)中身が気になる。何が入っているのか気になったので、正直に見せてと言った。

誰にも言わないでと念を押された。言うはずなんかないのに😋鞄の中にたまたま入っていたスポーツ新聞をフリマーケットのようにを広げて陳列してみた。ほとんどピンク系のものだった。三浦理恵子、高橋真理子のグッズにはドン引きしたが。

これらの品々は、新たに始まる学生生活の妨げになるので手放す必要があった。男なら誰もが通る正しい道だ。個人的な卒業式が終わり、質屋と古本屋に売った。尾崎豊が歌った『卒業』の歌詞で『心からの卒業』というものがある。そんな気分だった。

自分の品は、◯◯ルイのVHSのビデオや◯◯ひかるのものがいくつかあった。大学受験の赤本や代ゼミのテキストも売った。工藤静香のグッズも売った。CD以外は。なぜかキン消しも入れた。宮沢りえの写真集もすんなり売った。

全部で50点以上あったが、たしか1000円にもならなかった。嬉しくも悔しくもなかった。その旅立ちのお金でラーメンを食べた。

4年後、あの質屋に立ち寄ってみた。なんと三浦理恵子のものは時が経ってもあった。工藤静香のものは当然ながら無かった。これはこれで大きな価値ある勝利である。

おそらく今も、旅立つ前の少年は、質屋に思い出のものに別れをつげに行くだろう。上京中に、勝手に親に捨てられたり、発見されたりしたら、それはそれでまた厄介な問題に発展する。また、兄弟に物を見られたとしたら、墓場までネタにされるかもしれない。

引越しってつくづくそういうものだと思いませんか。

豆腐工場の想い出 2036/APR.23

小学生の頃の私の手伝いは3つあった。一つが玄関の掃き掃除。これは毎週日曜日の朝にやっていた。みんなの靴を外に出し、ホースで水をまく。そしてある程度乾いたら掃き掃除をする。正しいやり方かどうかは分からないが、母ちゃんに『きれいだね』と褒められていたの調子に乗って6年生まで続けた。

二つ目が牛乳ポストから牛乳をとりに行ってテーブルに置く。この単純な流れであったが雨の日も雪の日もやった。なぜか弟も妙に関心をもちよく当番を奪いあいした。ただ取り出して父ちゃんが出勤する前に整えとくだけ。ルーティンだったが、あきらかに学校の掃除よりはわくわくした。というのも、配達の爺ちゃんの牛乳瓶を入れた大きな白い鞄に惹きつけられた。いわばあれは子供の浪漫がつまっていませんか?

そして、3つ目が夕方に『豆腐を買いに行く』手伝いであった。それは決まって毎週金曜日の夕方。『お笑いマンガ道場』を弟と見た後に、3キロほど離れた『豆腐工場』に買いに行った。夏も冬も。もちろん豆腐の本当の味なんてしらないのに。何が楽しくてこの手伝いを続けていたかというと、工場の🏭おじちゃんたちが、いつも工場の中に通してくれて、お菓子を食べさせてくれた。時々、出来立ての豆腐もご馳走してくれたが、『スクールウォーズ』を見ながら食べるよっちゃんいかのほうが自分は好きだった。

今はもうその工場はないが、時々あてもなく思い出したりする。豆腐の味はわからなかったが、今は少し分かったような気がする。

家の近くに、早朝からやっている豆腐屋さんがある。お爺ちゃんがひとりで4時から仕込みを始めている。今日は久しぶりに朝散歩をした後に寄ってみた。ここに来る時は自分は決まって絹、綿を二丁ずつ買うことにしている。今日もやっぱりそうだった。

お爺ちゃんは水槽のような大きな樽の中から、きれいな豆腐をすくいあげる。それはもう熟練された慣れた手つきで。『はいっ毎度!』といつもと変わらない挨拶を聞いて店をあとにした。

帰り道、袋に入った豆腐を見ながら弟と通ったあの豆腐工場を🏭思い出さずにはいられなかった。

佐々木朗希まさかまさかの8回降板!!2035/APR.17

なんとなんと佐々木が8回降板!という知らせをYahooニュースのトップ記事で見た。あと3人で前代未聞の二試合連続『完全試合達成』だった。

今後も賛否を呼びそうな出来事になるのは間違いない。試合内容は、ハムの上沢もなぜか好調で、8回が終わった時点で0-0のスコアレス。交代の理由について指揮官の井口はこう答えている。

試合後の囲み取材で「素晴らしかったですね。球数? まあ、そうですね。今日は100球…、100球弱と思ってたんですけどね。本当に素晴らしいピッチングで、できれば我々も最後まで見たかったし、ファンの方も見たかったと思いますけど。いろいろ先々考えると、ちょっとあそこが、今日は限界だったのかなと思います。もし(味方が)点を取っていても8回で代わってました。7回終わった時点で朗希がね、ちょっとへばりつつあったんで。何とか8回までと思ってました」と話した。

佐々木の今後のことを考慮しての降板。正直、私は完全試合達成を見たかった。一野球ファンとして。井口批判はする必要はないが、ただただ大記録をこの目で見たかった。

どうしても整理整頓ができい対処法2034/APR.17

 整理整頓が苦手な子が1人や2人ぐらいは学級にはいるのではないでしょうか。整理整頓ができない子は、机の中やロッカーがぐちゃぐたちゃなので、授業の準備が遅く、忘れ物お多いです。しかも、授業が始まってから「先生、〇〇を忘れました」と来る子もいる。そうした場合、授業が一時とまってしまうので、他の子どもにまで迷惑がかかってしまいます。そういう自分も子どもの頃は、あまり上手な方ではなかったのですが。(さすがにパンを机の中にしまっておくことはなかったですが・・・)

 ではどうやって対策をするか。私は、週のどこかで、全員で整理整頓の時間を設けています。「金曜日の帰りの会の前」のように決まった時間をおこなったり、隙間時間に不定期であ行ったりしました。その時間は整理整頓がが苦手な子だけが取り組むシステムではなく、クラスみんなで取り組みさせます。早く終わった子には困っている子の手伝いをさせると、クラスに助け合いの土壌が培われます。

 また、整理整頓が苦手な子が、自分で片付けられるようになるためには手立ても必要になってきます。例えば、片付けは得意な子にどのような工夫をしているかなどのインタビューをします。大抵片付けが上手な子は、どこに何を置くのか決めていることが多いので、そのような「工夫」を共有することで、苦手な子も真似しやすくなったこともあります。

 片付けが苦手な子が、自分の力で片付けられるようになると同時に、クラス全体の整理整頓への意識が高まる指導をしていきます。もちろん、教師が率先して整理整頓ができていなければなりませんが・・・

★クラス全員で整理整頓をする時間を定期的に設ける

★上手にできている子どもの工夫を共有する

体育・すばやく着替える方法は?2033/APR.17

着替えのイメージができていない

 体育の授業のときには、着替え方を教える時間を作ることが私はこの時期行っています。休み時間では、なかなか指導が入りにくいので、授業が始まってから指導を始める。自分の席に座って、しゃべらずに着替えさせることで、トラブルも防げます。また、持ち物もなくなるのも防げます。

 時間がかかる理由は、おしゃべりしたり、遊んだりしてしまうことが大きな要因です。もちろん低学年では、一生懸命着替えていても時間がかかる子はいます。そういう子には、そばにいって、着替え方を教えてあげます。問題は、おしゃべりや遊んでしまう子への指導をどうするかです。

指導のポイント

①自分の席で➡椅子に座って(ズボンの時だけ腰をあげる)

②私語はしない➡前を向いて素早く

③着替えた服はたたむ➡(縦・横)半分・半分くらいにたたむ。

 

上手にできない子には、自分で直させたり、一緒にたたんであげたりして全員を合格させる。時間を計ることで、子どもたちの実態がわかる。次からは、休み時間に着替えるときにこの3つのポイントを評価する。早く着替えた子が得するシステムにすることも有効である。(着替えた人かた運動できる等)。

 しかし、練習したときはできるが、続けることは容易ではない。着替え方が崩れた時には、時間を計ったり、やろかたを再度確認したりしています。学年によっては、なぜ着替えが大事なのかを説明すると、おyり子どもたちも納得して着替えを行うことができる。(例:着替えを早くすますと、たくさん運動ができる、服をたたむのも大事ば体育の勉強、整理整頓が上手なチームは強い等)

 最後に、今回ふれてはいませんが、戻って着替える時も同様です。

令和の怪物・佐々木朗希本日登板2032/APR.17

おはようございます。今日は朝から気分がうきうきしています。いつもは、明日の仕事を考えてどんよりしているのですが。

先週の日曜日に日本プロ野球史で例のない記録が達成されました。それもまだ若干20歳の青年が。メジャーでも記録のない13連連続奪三振、さらに28年振りの完全試合達成。三振の数は19。野田が達成した依頼のか快挙。

今やロッテの至宝だけでなく、日本野球界の宝になりつつある「佐々木朗希」が本日登板する。興奮しないはずがない。相手は何かと話題のBOG BOSSこと日ハム。勝つのはは当然ですが、注目は今日も「完全試合」をするのではないかということです。ちなみに今回の達成は28年振り。元読売の槇原が達成した依頼でした。

でも、佐々木の投球内容をみていると、素人目に見ても150キロを超える変化球、平均球速159キロ。そして制球力。すべてが規格外。冗談ぬきで、佐々木なら今シーズンもしかして、もしかすることをやってのけるかもしれません。冗談ぬきで。石川が10勝するよりも確実かも(笑)

プロ野球はこの先10年は、大谷とこの 青年・佐々木がリードしていくことにだろう。すでにポテンシャルは大谷以上といわれている佐々木。これからどんな「夢物語」をファンに魅せてくれるのか。今から本当に楽しいだ。欲を言えば、あと5年はロッテにいてほしい。(おそらくポスティングで3年前後でメジャーに行くだろう)。

振りかえってみたい。ロッテの投手に関していえば、村田兆治、伊良部を超える投手はまだいない。成瀬、小宮山、黒木もいい投手だった。(個人的な意見であるが)しかし、すでに佐々木の期待度はそのレジェンドを優に超えている。

佐々木の当番は予定通りいくと日曜日だ。これからの日曜日の午後は、朗希のために空けておこう。そして、明日への活力をもらいたい。あと8時間後にはヒーローインタビューを受けていることだろう。

学年合同・体育授業開きの注意点2031/APR.16

おはようございます。今日は、体育開きの注意点についてお話します。

さて、今週から体育の授業が本格的に始まったところが多いのではないでしょうか。勤務校も今週からスタートしました。

体育の授業開きですが、先生方の学校はどのように行っていますか。どのようにとは、学年全体でやっているのか、それとも通常通りにクラス単にで行っているのでしょうか。

学級数にもよりますが、私の経験では最初の授業だけは学年合同でやるところが多かったです。体育に限らず、授業開きはこの1年でも非常に重きを置いています。この1年の進め方、学習規律がメインになってきますが。しかも、体育の場合は教室でやる授業と違って「ケガ」がつきものですが、できる限りさせたくはありません。そのためにも、最初の授業が肝心です。

私が行う学級開きで注意することは、全員に徹底させることです。1人も例外なく。

私は以下のように授業開きを組みます。

  • 体育授業の目的
  • ケガをしないためのこと。
  • 服装、指の爪、靴の紐
  • 着替えの態度
  • 移動中の態度

特に注意したいのが、「服装」についてである。体育着をズボンにいれない子や、帽子を正しくかぶらない子、冬服の上着を寒くないのに着ている子など。これは、前年度の先生の指導が大きく左右する。かなり緩くやっているクラスもあれば、しっかりとできているクラス。体育開きの日で完全に分かります。

こういった難儀な指導の場合である。1人や2人ならまだしも、両手を超える人数であると本当に大変である。心を鬼にせず、子どもとの関係も悪くしたくないので「今日はいいです。次回からはできるだけ脱いでください」というものなら最後。ほぼ今日と同じ態度で授業に臨むでしょう。

事例)学年でも頭角ぐらいのやんちゃくん。シャツはだしっぱ、サッカーのレプリカ。シューズはサッカー練習用シューズ。体育帽子をくるくる回している。

こういった子、どの学校にもいますよね。

教師)これから服装をチェックします。まずは1列目起立。(問題なければ)座ります。これをずっとテンポよくやっていきます。この間私語はさせません。はい、〇〇さん以外座りなさい。全音が終わり、2名だけが立っている。

(教師)〇〇さん、シャツをしまいなさい。(しまえばこの時点で終了)しまわない場合は、〇〇さん、これでは体育はできません。どうしますか。その後、子どもは服装を整えた。

ここで、ひるんだり、見逃してしまうと、授業が崩れていきます。たかが服装ですが、甘くみてはいけません。大切なのは、

すべての授業ではないが、体育の場合は怪我と隣り合わせです。大切な子どもの命を預かっている以上、こちらのミスでかわいそうな思いをさせてはいけません。多少厳しくも指導する必要があります。約束事に関しては。

50メートル走の計測はいつ測る?2030/APR.16

おはようございます。先生方は、50メートル走るの計測はいつ頃とられていますでしょうか?運動会の走順や、体力テストのために早くとられてしまうことが多いのではないでしょうか。

以前勤務していた学校では、4月中にとってしまうところもあれば、5月中にやり学校もありました。そして、その結果で走順を決めていました。

結論からいうと、計測はもうすぐにとったほうがいいです。私は、一度取り損ねることがありました。時期は体力テストがさしかかる6月の上旬。学年では、しっかりと遅れがないように5月の上旬に一度計測はしておりました。当日、私のクラスは3名が欠席で図ることができませんでした。その時は、次の体育の時間にとればと思い、そんなに心配しておりませんでした。

翌週の体育、前回欠席した3人のうち、1人がまた欠席しました。この時点では5月の下旬にさしかかるところでした。もう体育の時間にやるのはやめて休み時間、場所を貸してもらうことにしました。これで全員タイムがそろうと思った矢先、神様のいたずらなのか、雨の日が何日も続き、(確か1週間続いた)タイムが測れなくなりました。・・・・ことのてんまつは、ぎりぎり5月の下旬に取り終わりましたが。

ここで得た教訓は、計測はできるだけ早い時期にやる。天候が良い4月の今の時期にやってもいいでしょう。コロナ感染がいつどうなるかもわかりません。できるときにできることはすべてやってしまえ。それが全てです。

※ちなみに個人のタイムの扱いにもご配慮を。※

見落とすと大変なことに2029/APR.16

おはようございます。新学期から2週間が過ぎました。この2週間は先生方にとってどんな2週間だったでしょうか。黄金の三日間が過ぎ、少しずつクラスが落ち着いて運営しているころでしょうか。いや、もうそれどころではないといったクラスも実際にはあるのでしょう。

これまでの経験でいうと、この時期は年間を通して、子どもたちが落かず先生が個別にご指導されているケースを見たり、校庭でトラブルがあったりするのを見かけます。また、登校しぶりもこの時期から始まる子もおります。

新学期が始まって、スタートダッシュを決めたいところですが、上記のことが生じるとスムーズには進まなくなってきます。しかし、今日紹介することを加えてみると改善することもあります。そしてそれを実行することによって、安定したクラスにさらに加速します。ポイントは3つです。

1 あまり目立たない子には注意

2 欠席児童には最大の配慮を

3 この時期は楽しいことを体験させよう

1 教師の中にはすぐに友達になれる子もいれば、そうでない子もおります。先生の机の周りに寄ってくる子たちはどちらかというと前者です。しかし、5分休憩、休み時間に一人でいたり、外に出るのを渋っている子には少し注意が必要です。私は、そんな時にはこうしていました。①先生の方から声をかけ「何か心配していることはない?」「一緒に校庭で遊ぼうよ」「困ったことがいつでも言ってね」といったように寄り添って声をかけます。そうすると「友達が違うクラスでさみしい」「勉強がむずかしくなったので不安」といったようなことを話してくれる子もいます。他の手立てとしては、先生自ら校庭遊びを仕組むことをやります。とにかう、元気のない子、孤立している子にはしっかりと配慮しましょう。

2 特にこの4月の欠席は特に注意が必要です。ここでいう欠席とは、コロナやインフル溶連菌といった類のもではありません。理由は、四月の欠席が多いと、長期欠席になる可能性が高くなります。私は、1日でも休んだ場合は、ご家庭に連絡し、本人と変われるようであれば少しでも会話するよう心がけています。また、3日以上続くようであれば、「家庭訪問」も考えます。

この時期、計測がほとんどの学校で行われます。「体重が減った子には注意したほうがいいよ」と養護の教員に言われてことがあります。直接的な因果関係はさだかではありませんが、家庭での生活環境も複合的に関係している可能性もあるでしょう。

3 「とにかく今年こそは、いいクラスにするぞ」と教員ならみな思うところです。学級を荒らさないためにもしっかりと「ルール」徹底させようと意気込み、「命令」「指示」することが自然と多くなりやすいです。しかし、それを否定するわけではありません。そういう私自信もやはりしてしまいます。ただそればかりをしていると、子どもたちも徐々に疲弊してしまいます。子どもたちは素直です。慣れない環境でもがんばってシフトチェンジしようとします。今はルールの徹底も大切ですが、「安心」「安全」な運営を心がけることのほうが大切ではないでしょうか。授業も「楽しさ」を少し心がけて取り組むほうが、長い1年を上手に乗り切れることになるかもしれまん。5月になると学級が荒れが出始めるとこの世界ではよく言われます。それは、4月にどう育てたかにかかっています。がんばりましょう。互いに。

阪神タイガーズが心配だ!2028/APR.15

おはようございます。

今日は千葉ロッテの話しではなく、阪神タイガースがかなりやばそうなのでふれてみたいと思います。

開幕が始まって3週間以上が経つが、いまだにタイガースはわずか1勝しかしていない。勝率にするととんでもない低い数字だ。

私は、セリーグではずっと阪神を応援してきた。時に90年代はかなり熱を入れて応援した。大学の4年間はほぼ関東(ドーム、神宮、浜スタ)の試合は観に行っていた。90年代も暗黒時代であったが、今ほどひどくはなかった。さらにバースが去った80年後半も暗黒であった。その時よりもだ。

いわば、今の阪神タイガースは「非常事態宣言」レベルである弱さだ。かなり心配だ。

戦力や個人のレベルにしたら、今のほが勝っている。では、なぜか。多くの評論家は開幕の大差の逆転負けを指摘している。確かにそれもあろう。でも、私の意見は異なる。それは、シーズン始まる前から、「指揮官」が今年で辞めることを周知してしまったことだ。

選手にしてみたら、もう好き勝手にやるだろう。どうせ、今年でやめるのだし・・・・

上層部部の方針でシーズン前の退陣を発表だとしたら、矢野にとっては酷であっただろう。チームの指揮官の重要性をわかっていない。監督が選手に対する影響がいかほどかも。

現在の阪神のベンチは「学級崩壊」した学級と同じ雰囲気がする。とりあえず、ケガさえさせなければまあいいやみたいな・・・しかし、彼らは大人だ。しかもプロ集団だ。おそらく、シーズンを待たずに矢野の解雇や「休養」が報じられそうだ。

むなしい六甲颪が聞こえてきそうだ。

体育 楽しみながら体育の規律を整える!~集合・整列~①2027/APR.15

ゲームを取り入れ、楽しみながら体育の規律を整える

(新学習要領との関連)【小学校学習指導要領解説 体育編】より

第3章 指導計画の作成と内容の違い

2 内容の取扱い

  内容の取扱いについては、次の事項に配慮するものとする。

(8)集合・整列・列の増減などの行動の仕方を身に付け、能率的で安全な集団としての行動ができるようにするための指導については、第2の内容の「A 体つくりの運動遊び」及び「A体つくり運動」をはじめとして、各学年の各領域(保健を除く。)において適切に行うこと。

3 学習の活動内容

  1. 気をつけの姿勢
  2. 体育座りの姿勢
  3. 整列
  4. 立礼

★【テクニカルポイント】

  1. 壁タッチ・・・教師が動いてここに集まりなさいより、子どもに「壁一枚タッチ」と指示を出す。子どもの運動量を確保しつつ、集合の指導ができる。
  2. 合理的配慮・・・集合がなかなか遅れてしまう児童がいる場合、その子の近くで集合をかけることで1番に整列することができる。

★【場づくり】体育館全体を使用する。

★【発問・指示】

①立つ・座るゲーム

 指示:生活班で並びます。説明:太鼓のリズムに合わせて動きます。

 指示:立つ、座るゲーム。これが座るです。

 ・トン(立つ、止まる)・トントン(座る)、トントントン(1回転)

 ・ゲーム形式で何回も行う。

②整列ゲーム

 指示:整列をします。先頭の人がパーで「前へならえ」前の人の方の高さです。グーで「気をつけ」、下ろしたら座ります。

 指示:整列ゲーム、10秒以内に戻ってきなさい。壁1枚タッチ。・壁1枚タッチして列に戻ってくる。

指示:列が整ったら座ります。指示:体育座りは手首をロックします。指示:レベルアップ。壁2枚タッチ。

発問:〇〇さんは、壁のタッチを工夫していました。どこでしょうか?

  ・工夫している子は角の壁にタッチしていました。その子を取り上げて大いにほめる。

次回はもう2つのをゲームを紹介したいと思います。

国語 「白いぼうし」

国語の問題には「決まった答えがない」と思っている子もいる。あいまいな答えでも正解だと思っている子もいる。国語のテストの採点があいまいにされてきたことの弊害なのだろうか。最初の教材文で教えるべきことは、次の二点である。

1 国語の問いには決まった答えがある。

2 問題の聞き方によって決まった答え方がある。

 このことを授業するときに、「問題」を出して「採点」あるいは「評定」するのは効果的ではない。「答え方を教えて」「ほめる」というエラーレス・ラーニングですすめることが大切である。

発問:松井さんがタクシーに乗せているのは誰ですか。書き抜きなさい。

板書の「書き抜きなさい」に赤線を引く。

指示1 先生が赤線を引いたところを読む。

説明1 「書き抜きなさい」という問題のときは「書いてあるとおり、そっくりそのまま」答えるのです。プリントに書きなさい。時数は十四字になります。

 字数を「十四字」に限定するのは、答え方を鍛える上で不可欠だ。正解は「ほりばたで乗せたお客のしんし」だ。「乗」と「客」を漢字で書けば十四字になる。(ここでは、「、」「。」は入れない。)ノートを持ってこさせ個別評定する。

発問2:お客のしんしが言った言葉を書き抜きなさい。十三文字です。

自信がある人から、ノートを持ってこさせる。正解は「これはレモンのにおいですか」

発問3:松井さんがブレーキをかけたのではなぜですか。教科書から書き抜きなさい。

次の説明をしてから、答えさせる。

説明2:なぜ、と聞いている問題には「~ので」または、「だから」で終わるように答えます。

プリントに書かせる。字数は七文字。正解は「信号が赤なので」

発問4:松井さんが、夏みかんをタクシーにのせてきたのはなぜですか。十一字で書き抜く。

正解は「あなりうれしかったので」

発問5:この日はどんな日でしたか。書き抜きなさい。十六字です。

次の説明をしてから答えを書かせる。

説明3:「どんな日」と聞かれたときは、「〇〇な日」と、日で終わる答えになります。

 自信がある人は、ノートを持ってこさせる。正解は「夏がいきなり始まったような暑い日」である。国語の問題には決まった答え方がある。このことを学年の初めに教えるかどうかで、一年間の学力の伸びが違ってくる。

国語【春のうた】2026/APR.14

 四年生最初の詩文教材の授業だから、「教えて・ほめる」展開で授業したい。そこで、以下の三ステップで授業を組み立ててみる。

①追い読みで、一人一人が正しく音読できるように教える。

②個別評定で一人一人を鍛えると同時に、個別にほめるチャンスを作る。

③群読にすることで、「楽しい!」「わたし、がんばった!」ことを実感できるようにする。

教材文(草野心平・光村図書)の分析・検討は次のポイントだと考える。

①カエルは一匹なのか?

②「ケルルン クック」をどう読ませるか。

読み取りの授業ではないうから深入りはしないが、カエルは複数いる、と考えても間違いではないと思う。また、オノマトペの読み方は自由でよい。

 追いお読み、交代読み等お音読指導を終えて、ひととおり読めるようになったら、次の発問をする。

【発問】1 カエル一匹なのですか。

【指示1】1 考えをノートに書きなさい。

指名なしで発表させる。結論に達しなくてもよい。カエルは複数だと考えてもおかしくはない。と教師の解を示そう。

 次に、カエルにキャラクターを設定する。

  • 年寄りのカエル
  • 若いメスのカエル
  • のんびりしたカエル
  • あわてもののカエルなど。

詩のはじめから五行を、キャラクター設定に従って個別に読ませる。年寄りになりたい子には年寄りのカエルの設定で、というふうにである。読みかたに広がりが出たところで、読みたい行を一つ選び、たけのこ読みで群読にする。「ケルルンクック」は全員で読むことにする。

オノマトペをどう読むかは自由である。まずは、助走問題を出す。

指示2 「ケルルンクック」だけを読みます。先生が言う設定で読みます。

  • 年寄りカエル
  • うれしそうに
  • 疲れたように
  • 怒って
  • 大きい声で
  • ささやくように
  • ハモって

指示3 あなたの最高の読みを聞かせて下さい。十点満点で採点します。「ケルルンクック」に夢中になった子どもたちで「オノマトペ隊」を作る。前述の「たけのこ読み」と合わせて、クラス中で楽しくカエルになって楽しもう。

佐々木朗希 完全試合達成㊗️2025/APR.10

ついに朗希が完全試合を達成した。しかも、13者連続奪三振の新記録達成。

本当におめでとう。

mid90s ミッドナインティーズ2024/APR.10

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」などの俳優ジョナ・ヒルが初監督・脚本を手がけ、自身が少年時代を過ごした1990年代のロサンゼルスを舞台に、13歳の少年の成長を描いた青春ドラマ。シングルマザーの家庭で育った13歳の少年スティーヴィーは力の強い兄に負けてばかりで、早く大きくなって見返してやりたいと願っていた。そんなある日、街のスケートボードショップに出入りする少年たちと知り合ったスティーヴィーは、驚くほど自由で格好良い彼らに憧れを抱き、近づこうとするが……。「ルイスと不思議の時計」のサニー・スリッチが主演を務め、母を「ファンタスティック・ビースト」シリーズのキャサリン・ウォーターストン、兄を「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のルーカス・ヘッジズがそれぞれ演じる。

私には、10歳離れた親戚の兄がいた。自分が小学生の頃、お盆や正月によく遊んでくれた。兄ちゃんの家族は東京の足立。わざわざその時期になると、伯父さんが車を走らせて3時間かけて顔を出していた。その兄ちゃんは当時高校生だった。

兄ちゃんは、いつもウォークマンでBOOWYの曲をがんがんにして聞いていた。自分がおにゃん子の話をすると『おまえはまだ子だな』とよく言われた。また、兄ちゃんは裏の世界を教えてくれた。といっても『タバコ』や『女』のことだった。知りたくないことも、無理やり教えられた。

兄ちゃんは、なぜか頭がよかった。アカデミックな頭の良さではなかった。この映画のようにスケボーも上手かった。自分が今でもそこそこスケボーに乗れるのはこの兄ちゃんのおかげであった。

そんなちょっととっぽい兄ちゃんがを自分は好きだった。真似したかった。『悪さしながら男なら、粋ではない馬鹿でいろ』の『祭りのあと』(桑田佳祐)の歌詞のような生き方をしていた。

この映画の少年スティーヴィーのように自分はならなかった。なる勇気もなかった。でもその気持ちは十分に分かる。今となっては。

この映画で注目点はいくつかある。90年代の楽曲や、黒人視点だったりと。しかし、私が注目したのは、彼の怖い『兄貴』の存在。そしてその象徴がミステリアスな『部屋』である。自分も兄ちゃんの家に遊びに行ったことがあった。しかし、部屋だけは絶対に入らせてくれなかった。

少年期の男の子にとって、畑や河原に棄ててある『エロ本』を見る以上に、ちょい悪兄ちゃんの部屋ほど興奮するものはないだろう。

それにしても、兄貴はダメもとでもいいから、あの喧嘩でドンパチすべきだったなぁ。

学級開き2週目に配慮すべきこと2023/APR.10

おはようございます。明日から本格的に授業がはじまりますね。黄金の3日間も終わり、2週目に入ります。この2週目は先生もやる気がみなぎっており、かなりの力が入っています。しかし、あまりにも「やりすぎて」しまうと、逆に子どもたちには負担になってしまうことがあります。今日は、この2週目をどのようま心構えでのぞみ、どうアプローチをしていくかお話していきます。

ひとことで言うと、学級をよくするためにルールばかりを強要してしまうことです。例えばこういったものがあります。

  • 挙手を積極的に促す(無理に発表させる』
  • 早く準備するよう急かす(給食、掃除)
  • 男女の距離を無理に近づける(特に高学年)
  • 当番への厳しいチェック
  • 挨拶、返事の声出し
  • スピードを求める

この時期はルールよりも、『手順』を教えることです。プラモの取り扱い説明書、いわば『システム』です。朝教室に入ったらまず何をするのか、次に何をするのかといったものです。

そこで上手くいかなかった時に、はじめて『ルール』を共有し、定着を図っていきます。

みなさんのみなさんの学校に、子どもたちに伝えている内容が同じなのに(例 返事はしかりとしなさい)、しっかりと定着していくクラスと、そうでないクラスがあると思います。そして後者は、4月sssssssの当初に伝えた内容があまり定着せず、次第に先生が声を荒げて指導するよになっていく。さらに、それでも言うことを聞かなかくなった場合は、先生はもう放っておくいしかなくなり、クラスは荒れていきます。

原因は、伝えるタイミングです。この時期は、しっかりと手順を教えてやり『安心感』をあたえてあげることが大切です。

学級経営をすべて公開する2022/APR.10

学年主任の時に、こんなふうに学年の先生に話していました。

そろえるところが必要なところもあるけれど、原則はそれぞれの先生が自分の持ち味を出して自由に学級経営をしましょう。

それで、私がどんな学級経営をしているかは、忘れない限り全部先生方に公開します。でも、それを真似してやるかどうかは先生方が判断して下さい。

それから、先生方の学級経営をいちいち私に報告する必要はありません、報告しておいた方がいいかなと判断したときだけ報告してください。

このよに原則を確認しておくと、その後の学年経営がやりやすくなります。原則に照らして、それぞれの先生が判断すればよいからです。

 原則を示すと、若手教師もいちいちお伺いを立てたり報告したりしなくて済みます。これは、学年主任もそれに費やす時間が節約できます。お互いに本当に必要なところに時間と労力をかけることができるメリットがあります。

 とはいえ、特に初任者mの場合、自分でも何が問題なのかがわからずに、失敗したときに傷口を広げてしまうことがないとも限りません。実は「自分の学級経営はすべて公開する」と宣言するのは、その予防策でもあります。

 自分の学級をすべて公開すると宣言することで、若手にもどんどん情報を伝えます。それを選択するかどうかはそれぞれの教師の判断に任せていますが、若手にとっては学級経営についての豊富な情報が、リアルタイムで入ってくるので、自分に学級を経営するうえで大いに参考になります。

 「学級でこんなことをしちぇいるの」という情報を伝えれば、それに対しての質問や、やってみてうまくいかなかったことなど、若手からのフィードバックもあります。その結果、情報交流も進み、大きな失敗や同じ失敗も未然に防げるます。

 若手の学級で問題が起きれば、それを解決するために多くの時間と手間がかかり、ヘロヘロになります。それを未然に防ぐことも、学年主任の「時間術」の1つです。

 その他にも、学級経営を整理すて伝えることが、自分の学年経営スキルを向上させることにもつながます。

ななつ星に乗りたい2021/APR.9

 

ななつ星 豪華に進化へ

 このブログであまり触れてはこなかったが、実は自分は適度な「乗り鉄」である。少し記憶を思い出すために、振りかえってみる。最初に乗車した電車が、東武伊勢崎線の普通車両。確か3両編成ぐらいで、普通にタバコも吸えていた。本数は9時以降になると1時間に1本あるかないか。当時はそれがあたりまえだと思い、東京に来て本数の多さに驚いた。風景は畑と山ばかり。ドアが開くと、時々鳥が入ってきたり、野良犬が思わず乗ってきてしまったり・・・そんな長閑な電車風景の中で育った。ある時間を除いては。

そのある時間とは、乗車のマナーの悪さだった。特にがらの悪い学校の最寄り駅ともなると最悪だ。改造した薄い鞄を床に置き、胸ポケットから煙草を取り出しうんこ座りをしながらみな吸っていた。しかも床に座って。キャッチバールをしていつ輩もいた。そんなのだから、一般客はその駅の前の駅で一斉に場所を移動する。これが、午後の電車の風景であった。当時ビーバップハイスクールが流行っていて、つっぱりブームだったのも影響していたのだろう。

でも1つだけ行儀の電車があった。それが特急「両毛号」であった。初めて乗させてもらったのが小学校3年生。はっきりと覚えている。シートがふかふか、椅子も回転できる、お菓子を売りにきてくるお姉さんがいる、各駅で止まらない、車両もかっこいい、そして何よりもあのヤンキーのお兄ちゃんたちがいない。それからは、よく色んな特急電車に乗せてもらった。北斗星、ブルートレインが好きだった。

学生時代には、アルバイトの貯金をすべてはたいて「トワイライトエキスプレス」で札幌にも行った。そして、最後に乗った豪華列車は夢にまで見た「カシオペア」の展望列車でした。それ以来、豪華列車の旅はお預けしているが、雑誌や週刊誌ではちょいちょいチェックはしている。

そな中で先日JR九州がとんでもない豪華列車の改装発表した。九州を周遊する豪華寝台列車「ななつ星IN九州」の車両を大規模改装する。客室を4室減らして10室(店員20名)とし、茶屋やサロンなどを新設する。改装に伴い、最低料金を現行の一人40万2000円から65万円に引き上げる。運行は10月からだ。

そんな夢のような豪華寝台列車。いつかは乗ってみたいとばかり言っていると、実現しなさそうなので、手帳に乗車する日を書いておこう。やっぱり両親の結婚記念日がいいかな。(終)世界一周豪華客船は無理なので(笑)

新学期黒板メッセージの活かし方 2020/APR.9

おはようございます。新学期が始まってからの最初の休日、いかがお過ごしでしょうか。個人的には、無事にこの3日間を過ごせましたが、フルに5日間働いたぐらい疲れました。

さて、今日は多くの(?)先生がやられている黒板メッセージ。自分も毎年派手ではないですが、新学期のスタートは少々気合を入れて書き記しています。いつから始めたかは、おそらく初任の頃からだった思います。初期の頃は、子どもが好きそうなキャラクター(ピカチュウ、ドラえもん、ドラゴンボール等)を描いたこともありました。

でも最近は、かなりシンプルにしています。主に書くことは2つ。①進級おめでとうのメッセージ。②担任の願い。特に願いに関しては、こう進んでいきたいといった「ビジョン」です。目標やルールや仕組みとは違います。

本当に最近の先生は上手ですね

とは言え、ルール的なものをごちゃごちゃと書いていた頃もありましたが、もあまり効果が薄いのですぐにやめました。

今年の黒板メッセージが下の写真です。

黒板にこの2つのメッセージを最低1週間の書き残しておきます。掃除の時にも、黒板当番には「消さないでね」と伝えておきます。この効果は、かなり大きく、毎回見るので、記憶にもとどまります。また、すべての活動が全てこのためであると、何度も視覚的にも「強調」できます。この実践は、実は私のオリジナルではなく、TOSSの伴先生、村野聡先生の追試から学ん得たものです)

来週から2週目に入ります。この週に私がやっていることは、黒板に子どもの頑張り、フィードバックを書き残しています。(例:昨日の漢字ドリル、先生はうれしかったです。しっかりと去年以上にていねいに書いていましたね。ていねいにやる意味をみんなはしっかりとやっていますね)

このように、クラスの目指すビジョンをもう一度子どもに黒板メッセージを使って、投げ返してやると、さらに意欲的にやる子が増えていきます。

それでは、また来週も顔晴っていきましょう。

始業式に思うこと~2019/APR.8

おはようございます。いよいよ1学期も始まり初めての週末を迎えようとしています。

今日は『始業式』について自分が子どもの時に思ったことと、そして現在の教師の立場となった『今』のことを書いていきたいと思います。

私の育った地域は(群馬県太田市)、春休みになると地域の話題の多くは、老若男女新学期の『担任』が誰になるかであった。学校ではクラスのあちこちでよく『デマ』が起こっていた。理由はわからないが。今となっては笑える話だけど、当時は心穏やかではなかった。

3月になると1つ年上の近所のさとし兄ちゃんちゃが『おまえの次の担任はな、あの怖い〇〇先生だぞ、間違いないぞ』と毎日聞かされた。よく嘘をいう寿司屋の兄ちゃんだったが、目はまじだった。でも信じなかった。

また、正直者のとこ屋のたけし兄ちゃんも、便乗してか『担任占い』をやっていた。たけし兄ちゃんは、今思うとだいぶ変わり者であった。毎年3月の土曜日になると、近所の友達を連れて、秘密の基地で『担任当て』の儀式をやってういた。結果は1回だけ6年の時の担任を当ててくれた。定年間際のおじいさん先生だった。つけたしておくと、こっくりさんを初めて教えてくれたのもこの兄ちゃんだった。

この話はそんな遠い昔の話のように聞こえるけど、自分の中では最近のように思える。ふざけた話しだけど、あまり楽しみのなかった田舎でも、河童の次にわくわくした期間だった。

始業式当日、教頭先生が子どもたちの気持ちを知ってか『みなさん、お待たせしました。楽しみにしていた担任の先生の発表です』と告げる。この時点で大歓声が起こる。なかなか静まらないので教頭先生が『静かにしなさい!』と外の駄菓子屋にまで聞こえる声でどやす。

この時の、少年(私)の心境は、『優しそうで、あの真ん中に立っている若い女の先生になってくれ』『あの怖い男の先生だけにはならないでくれ』と願っている。かなり長い時間。しかし、こういう願いは叶わず、ほとんどが怖い体格のいい先生であった。

さて、今は全く逆の立場で、子どものそわそわする瞬間を見ながら、あの頃の自分がフラッシュバックしている。自分と同じように手を合わせて願っている子もいる。うつむて、副校長先生の発表の声をじっと待っている子もいる。自慢ではないが、教員になって、この瞬間ばかりは子どもたちを直視できない自分がいる。「恥ずかしさ」なんてないのだが、子どもの素の反応が怖い。(いい年して)

でも今回は、がんばって笑顔で背筋をピンとして子どもたちを直視した。そして、なんとほとんどの子たちが笑顔でニヤニヤして私が行くのを待っていた。ある子は『やっぱりね。先生だと思っていたよ』と屈託のない笑顔で話しかけてくれた。人生の中で素敵な瞬間がいくつかあるとしてら、今のこの瞬間を入れたい。

クラスは持ち上がった。さらに賢い子になれるように、全身全霊を捧げたい。

さきたま古墳の桜 2018/APR.5

毎年🌸桜の季節になると、必ずすることが自分にはある。他の人もそうだといいんだけど。

それは、旅行雑誌の桜の穴場情報をチェックして、インターネットでさらに詳しく調べてわくわくすること。

いわば自分にとって、年中行事てきなもので、春の訪れを感じる景色みたいなもの。

今回見つけたのは、埼玉県発祥の地である『行田市』のさきたま古墳群の桜🌸です。

どこに惹かれたかというと、古墳の頂きに、数は多くないが、市内を眺めるように咲いている。写真を見る限り🤓

あとは自分のカメラの腕以上に、当日の天気だけが心配である。予報は週末は土曜日だけが快晴。あとはお天道様に神頼み。

天気は自分の心模様のように晴れ晴れしている。たぶん渋滞に巻き込まれていても、気分良くしとかないとと、途中で雲が意地悪しそうなので、車の中で🚗はお行儀よくしていた。

ちなみに、ここの桜、つい最近乃木坂46が歌番組で歌っていたらしい。だからなのか、乃木坂ファンらしき人もチラホラ。

時間よ止まれ

ひたすら、許される時間内に、いろいろなアングルで撮り続けた。できるだけ、似たようなものにならないように。

それにしても古墳と桜がこんなにも適しているとは思わなかった。なんだか神秘的な感じがしませんか。

心の健康が何より大切!2017/APR.4

いつ、誰が『うつ病』はなってもおかしくない時代

うつ病として病院に通っている人に加えて、『軽うつ』『前うつ』『隠れうつ』などと呼ばれる、うつ病の予備軍がその数倍はいると推測されています。軽いうつ症状は私も経験したことがあります。予防法ですが、それは何といっても『規則正しい生活』をすることです。

 そして、睡眠不足、運動不足、乱れた食生活はすべて『規則正しい生活』からの逸脱です。

 生活が不規則になると、自律神経(交感神経、副交感神経)が乱れます。人間は、昼は『交感神経』が優位になるので活発に動くことができ、夜は『副交感神経』が優位になりリラックスするのでよく眠れるようになります。

 しかし、自律神経が乱れることこの切り替えが悪くなり、さまざまな体調不良が現れます。うつ病の予防法はいくつかありますが、特に効果が高いのが『睡眠』『運動』『朝散歩』です。私がその三つについて意識してことを紹介しなす。

私は睡眠時間(最低7時間)に加えて睡眠の『質』を意識しています。具体的には、寝る2時間前を『リラックス』するようにしています。

  • 寝る2時間前に風呂からあがる。
  • 飲食はしない。
  • 興奮系の娯楽(ゲーム、テレビ)は見ないようにしている。
  • ブルーライトの光を浴びないようにしている。
  • その日の日記(ポジティブ3行日記)をつける。

運動というと、ジョギングや水泳といったハードな運動をイメージしがちですが、私は、ウォーキングやスクワット、腹筋などの軽い筋トレ(無酸素運動)で十分だと感じているため、決まった曜日にジムで1時間ほど週に3回ほど運動をしています。

朝、太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされ、寝付きがよくなります。そして、太陽の光を浴びるとセロトニンが活性化され、心と身体のバランスを保ってくれます。なのて、運動効果もある、あまり負担にならない『朝散歩』を行っています。

 教師の仕事は減っているどころか、増えているように感じます。毎日多かれ少なかれ日々ストレスを感じています。

 睡眠、運動、朝散歩のサイクルを回して、心身ともに長く働きたいものですね。

新年度準備④ 2016/APR.4

① 『マグネットに名前』を書く。(片面2つつくる)席替え用、発表用

② 『給食当番表』を作成する。

③ 『一人一当番表』を作成、印刷

④ 『校務分掌の仕事を確認』すべきことがあればする。

⑤ 『番号シールはり』『教室内の。ロッカー、廊下)

⑥ 『机、いすの高さ調べ、傷もの』を交換。

⑦ 机配置と線書きをする。

⑧ 『教室の掃除』をする。※机ふきなど。墨の汚れがいがいとある。

⑨ めあて(目標)を書く紙を用意し、印刷する。

⑩ 『家庭環境調査表』を分ける。2日目に配る。

⑪ 『保健調査表』を分ける。

⑫ 学級便りを印刷。

⑬ 児童生徒健康診断表(歯)を分ける。

新年度準備③ 2015/APR.4

おはようございます。刻一刻と始業式が近づいてきました。新年度の準備は着々と進んでおりますでしょうか。今日は、新年度準備の第三目です。

 ① 教材発注の電話(主任、会計)をしする。※但し1学期に必要な分だけでOK)

 ② 『使用ノート』を決め、学年便りに打つ。(去年4月の学年便りを参考に、ノートの見本を見て決

   める。(一応最安値もチェック)

 ③ 『学年名簿』を教務、保健、事務に渡す。

 ④ 学年便りを完成させ、副校長に渡す。

 ⑤ 学年名簿を2枚、拡大印刷する。(初日に渡す)

 ⑥ 今週の週案を作成する。

 ⑦ 『校外学習、校内行事の年間計画を再確認』する。去年の先生に確認。

 ⑧ 校外学習の申し込みを終える。※二学期のものでも4月ぐらいに申し込みをしなければいけないも

   のがあるから気を付ける。

 ⑨ 『植物系で買うもの』(校費)(主任、会計)を確認し注文する。

   ➡年間の校費の紙を修正する。値段については、事務室の本を見てチェックする。そして、4月の

   分のものを支出起案書に書き、事務の人に渡す。それは注文はOK

 ⑩ 『校務分掌、教科領域、行事の仕事ですぐにすべきことを確認。』

 実踏に行く。

新年度②学年主任編 2014/APR.2

おはようございます。短い春休みも終わり😢新年度が始まりました。毎年4月1日は自分の中でもう一度『正月』がきたような思いになり、さあ、ここから仕切りなおしといった『新たな気持ち』になる日です。

とはいえ、希望だけでなく、幾分かの『不安』も出てきます。

配属される部署や新たな方の加入など『環境』が変わる。私の場合は、かなり緊張して不安になります。

 今日は、学年主任者という立場で自分が行ってきた仕事術をご紹介していきます。なにかとやる事が多岐にわたるため、見通しをもたないと、計画的に進まなくなります。

例 学校行事【運動会、学習発表会、】学年事務【教材注文、会計】保護者会、学年便り

POINT

全ての担当者を決定しておく

  1. 責任の所在が明確になる
  2. 仕事の見通しがたつ
  3. 仕事全体から分担するので不公平感が起きにくい

年間を通して、円滑に行うためには、年間を通して『役割り』をこの時期に決めておくことが大切です。

悪い遊び方の4つの条件2013/MAR.29

最近書店には「お金」に関する本がにぎわっています。と同時にリタイヤ後の人生の過ごし方の本も目立ちます。コロナ以前は、ビジネス本の中心は、「アウトプット」を中心とする本でしたが、コロナ禍は仕事のスキルよりも、もっと自分の「生き方」「ライフ」といったものへと世の中の関心が変わってきています。

先日私が購入した樺沢紫苑先生の著書「毎日を楽しめる人の考え方」も「人生をもっと楽しもう」というテーマでした。

今日はその中から遊びの中にも「良い遊び」と「悪い遊び」を脳科学の観点から書かれていて、なおかつ再現性がありそうなので紹介したいと思います。

まず私の中での「悪い遊び」にはどんなものがあるか整理してみます。

  • 夜遅くまで飲んだくれている。
  • 朝までカラオケをする。
  • 長時間のテレビゲーム、テレビ視聴
  • ギャンブル
  • 夜のお店
  • 深夜ドライブ

といったところです。

睡眠を削る➡偽りの楽しさ

疲れを増やす➡不健康

長時間の坐位➡不健康・仕事のパフォーマンスが落ちる↓

依存性が高い➡仕事のパフォーマンスが落ちる↓

やりすぎ➡仕事のパフォーマンスが落ちる↓

ふりかえってみると、私の想像した(ほぼ経験)内容と医者の認識がはほぼ合致していた。せっかくの「遊び」です。心身ともにリフレッシュ、疲労回復を注意しながら、「楽しみ」たい。

作文を習熟させる日記指導2012/MAR.29

国語の中でも「書く力】は非常に重要である。しかし、実際に授業の中で作文を書かせるのはほんの数回です。例えば、運動会や学芸会といった大きな「行事」の後がほとんどです。

その時に集中的にやっても本当の「書く力」は養われません。私は、文章は書き続けないと上達しないのと考えています。そこで私は宿題に日記指導=作文習熟指導と捉える。授業で指導した作文技術(原稿用紙の使い方、段落、会話文、説明文の書き方等)を習熟させることを目的とする。要は、「なんでも良いから毎日書いてくる」というものでもない。しっかりと課題(テーマ)を与え、書かせる。そこで私が使っていた教材が、

である。

②なぜ「ピンポイント作文ワーク」を活用するのか

 「日記指導」を始めると、必ず困る人がでてくる。子ども7,親、教師である。

【子どもの困り感】

・何をどう書いていいか分からない

・そもそも書くのがめんどう

【親の困り感】

・何を書かせれば良いのか分からない

・どうやって書かせれば良いのか分からない

【教師の困り感】

・なんといってもコメントが大変

しかし、そういった困り感を本書は解決してくれています。

まず、テーマに関しては、年間の作文テーマ集があるので、何を書けばよいのかが明確です。

また、どのように書くかについては、視写教材、書き出し文例があるので、書き方をよくわかる。

さらにコメントは、課題が明確なので書きやすい。

※参考文献:2018年5月6日第6回TOSS教え方セミナー第8講座より

【子どもをやる気にさせる一工夫】

それは、コメントの他に個別評定をいれていくことです。例えば見開きかけたら【A】とか、漢字をたくさん使っていたら【A・A】だとか。※

参考図書

新年度準備① 2011.MAR.29

おはようございます。今日は新年度に向けて準備しておかなければいけないことをお伝えしていきます。

今日の内容は、例年私が行っている流れにそってお話していきます。多分どこの学校のだいたい同じ流れになっていると思いますが・・・まずは1日目の4月1日からです。

着任式 新メンバ(職員)紹介  8時15分

  • 席移動
  • 職員室の掃除
  • あいさつ

①学年の仕事のわりふり(学年主任は私、会計〇〇)

②「担当教科・領域部員決め」をする。➡学年の先生と検討。(重要)

校務分掌部会(役割決め)

③ 「学年便りデータや遠足しおり」を去年の先生からもらい保存

④ 「学年便り4月号、5月号」を印刷。

教材選定の行い方

①去年の児童費で購入した紙をもらう。 ②それを元に、図工室で教材を選ぶ。③選んだ物を補完する。袋に入れる。④選んだ物の値段等を紙に書く⑤選んだ物を電話で業者に頼む。(2日目)⑥選んだものをPCに打ち込む。(1週目まで)※ただ、会計の打ちあわせが終わってから。※郊外学習の欄なども直しておく。値段を調べて。


新任の人は、することがなければ

①学年便りを確認してもらう②行事予定表などを見てもらう③私の資料を渡し、見てもらう。④一週案ノート作りをしてもらう。⑤必要な印刷物を印刷してもらう。※過去3年分の学年便り※校外学習の紙すべて

⑤「去年の校外学習の紙」を探し出し、関係する日を紙に書く。確認。※この作業は3月までにしておく

⑥「去年の児童費」と「校費」で買った物の紙の一覧を印刷。

⑦ 遠足に行く施設の休日の日を調べる。※これにより実踏日が決まる。

⑨ 〇月の遠足実踏日(春休み中に設定している学校が多い)実施日を決める(主任、会計)

⑩ 職員打ち合わせ(主に入学式のことなど) 学年打ち合わせ(去年の先生との情報交換等)

⑪ 「副教材、図工教材の選定をする。(とるものを決める)※児童費

※(ドリル教材と図工の物などを決める)去年の購入した物の資料に書き込みながら。電話は2日目にする➡ということは、教材選定は2日目でも不可能ではない。

教材使用届は、2日目にする。慎重に行う。

※新任(初任の含め)、転任者がいれば、さらに+2時間かかると考える。余裕をもって仕事を。

★まとめ

①4~5月の全体の流れを手に入れ、確かめる。

②校外、校内の〇年の紙を入手し、チェック。

③遠足実踏日を決める。

④児童の実態を把握する(特に支援を擁する子)

⑤児童費、公費の去年のをみる。

⑥教材選定

佐々木164キロ自己新・・・2010/MAR.28

<楽天6-5ロッテ>◇27日◇楽天生命パーク

ロッテ佐々木朗希投手(20)が、楽天戦であふれる可能性を示した。

今季初登板は初回、いきなり自己最速を1キロ更新する164キロをマーク。5連続奪三振の豪快な船出だったが3、6回と四球から失点し、6回を3失点。勝ち負けはつかず、チームは延長11回サヨナラ負けを喫した。次回は中6日で4月3日西武戦(ZOZOマリン)に臨む予定。先発ローテーション投手として、貪欲に白星を求める1年がスタートを切った。

 初回から興奮の連続。松川のミットに響く160超の剛速球。こんなにも初回から飛ばして大丈夫かと思うぐらい飛ばした。まだ143分の2。しかし1敗がシーズンの致命傷になりうることは、昨季141試合目でV逸したロッテの大きな学びでもあった。少なくとも私は。

 20歳の青年は、「今日と同じ失敗をしないように。その中で1イニングでも長く投げられるように。次は全体的にまとめられるように」と仕事への責任感を口にした。

1086日間ついて回った、これまでの最速「163」キロはもう高校時代の記録でしかなくなった。165、166もそのうち…と詰めかけた2万人近くに抱かせたマウンド。それよりも、いかに勝てる投手になっていくか-。ファンの興味も、佐々木朗の思いに近づいてきたように思える。

佐々木にはぜひ、かつてのロッテの大エースサンデー兆治を超える存在になってほしい。

やらされる勉強から、自らやる勉強へ2009/MAR.28

宿題に対する考え方

 ほぼ私が今まで組んだ学年の先生は、子どもに「宿題」を毎日課していた。内容や、量はさておき、その「目的」は「学習内容の定着」「家庭学習の習慣化」「学力をつける」であろう。おそらく・・・

 私が担当した学年も、毎日漢字、算数ドリル、音読を課していた。そこで感じたのが、子どもたちはほぼ毎日全員提出していた。そして、算数のように解答があるものは、自分で〇までつけさせていた。

 小学校で行う教科学習の大きな目的の1つは「学力」をつけることである。その手段が「宿題」である。そう考えた場合、もう学力がある子は宿題をする必要はないとも言えます。だとすれば子どもにとって有意義な「宿題」の形は、「学習量も学習箇所もすべて自由。ただしテストで合格点がとれるなら」といえますね。

 中には、とりあえず宿題をやっておけば先生に怒られないで済むといった「受動的態度」の子もいます。あるいは、嫌な宿題をすればゲームができる(報酬系)といった環境の子もいるでしょう。そうした場合、本来の「学力」を付ける目的からは大きく逸脱してしまいます。

 そこで、少しでも宿題で自己学習力を育てる方法はないかと、調べてたところ、衝撃的な宿題方法の本を見つけました。それが、葛原 祥太著の「けテぶれ、宿題革命!」学陽書房でした。

 この本ではこれまでの作業としての「宿題」方法ではなく、独学力を磨くステージとして捉え直しています。家庭で、一人で取り組む宿題は、自分なりの学び方を試行錯誤しながら練り上げる場として絶好のステージです。

 そのやり方は、以下の方法で「学び方」のサイクルを回します。

自分の本日の宿題の「めあて」をノートに書き、テストをやります。テストは自分で丸付けをして、ミスした原因を分析をします。そして、それにあった練習をしていきます。いわば、PDCAのサイクルようなものです。

テストで合格点を取るという目標に向かって進める中で、①自分のことを客観的に見つめる目を養い、②自分にあった学習方法を見つけ、③やる気を上手くコントロールしながら、④友を助けたり、頼ったりすることを学び、子どもたちは「自立した学習者」へと育っていくことでしょう。

 

学級開きで伝えること2008/MAR.28

おはようございます。今日は新しい学級で、私がが所信表明でどんなことを伝えてきたかをお話していきたいと思います。新クラスになって初日。教師は、どうしてんもスタートダッシュを成功させたいために、いろいろなことを初日からあれも、これも詰め込みさせがちです。

そして子どもが帰った後に、たくさん言い過ぎたかなと思ったこともしばしば。当日は最も大切なことのみを伝えて印象付けることが大切です。

伝える内容が決まったら、どのように伝えるべきかを考えておきましょう。例えば、そのときの自分の目線、立ち位置、声のテンポ、抑揚など。話す長さ。一度カメラに撮って自分はどう映っているか確認しておきましょう。

私はどの学年になっても所信表明で子どもたちに伝えることはほぼ同じです。

新しい学級とは、いわば「新国家」の設立における進むべきビジョンのようなものです。

それに従って諸々目標やルールをさだめていきますが、そのビジョンがしっかりと定まっていないと何をやっても骨抜きになってしまいます。

私の掲げるビジョンは2つ。

① 勉強してもっと賢くなること。

② 友達ともっと仲良くすること。

この2つです。

そのために、以下のことを語っていきます。

(もっと賢くなるために大事にすること3つ)

① ていねいにする

② 最後までやりきる

③ 挑戦する

(もっと友達と仲良くするために大事にすること3つ)

① 〇〇人には一人一人のよさ(輝き)がある。友達から学ぶ。

② いろいろな友達に声をかける。

③ あまり声をかけない子と遊んでみる。

これも毎年かわりません。子どもは今度の先生はどんな先生なのか?(こわいのかorやさしいのか)

どんなことを本気で叱られるかは、子どもも注意が向きます。

① いじめ・差別・からかい・ひやかし

② 危険なことをしたとき(命の危機)

③ 何度言っても改善しようとしない時

① けじめがある

② 自分から挑戦する

③ 人を喜ばせる

その他には、〇〇年生になって変わることを伝えます。例 4年生であれば「クラブ活動が始まる」「習字の先生が変わる」等。

球春到来!2022年プロ野球開2007/MAR.27

千葉ロッテ開幕勝利

3月25日に2022年プロ野球が開幕した。今年のプロ野球は、例年以上に面白い年になりそうである。私の大きな興味は2つある。

一つが新庄監督がどうやってこの冷めきった野球界を盛り上げてくれるか。すでにキャンプからいろいろなことでファンを楽しませてくれている。「ガラガラポン」で打線を決めたり、悩める大砲「清宮ダイエット」企画だったりと。

もう一つが佐々木朗希の活躍である。個人的には今年彼は、「無双化」する予感がする。根拠は乏しいが、昨年はその片鱗を少し見せてくれた。そして、キャンプ中もかなりいい感じで仕上がっていた。軒並み160キロを出し、変化球の制球もよくなった。

仮に彼が15勝以上すれば、必然的にチームの結果はついてくるだろう。佐々木が活躍すれば「石川」もうかうかしてられないだろう。昨年は、シーズン中盤以降失速し、シーズン2位で終わり悔しい思いをした。今年こそはなんとしても、秋に井口監督の胴上げをまぶたに焼き付けたい。

そう願って、本日の開幕を迎えた。

結果はエース石川の意地が則本の気迫を上回り、4-0で快勝し、開幕を飾った。なんといってもこの試合の注目は高卒ドラフト1位の「松川虎生」が開幕でマスクをかぶったことである。高卒新人で開幕デビューした捕手では炭谷以来だろう。

ここ数年、ロッテの捕手は日替わり交代。田村が一時は正捕手になりかけたが、ケガによって柿沼、吉田、佐藤を使いまわしていた。袴田、里崎以降、誰もが認める正捕手がいないロッテ。松川にはぜひとも正捕手の座をつかんでほしい。

明日はスライドで期待の佐々木が登板する。佐々木の剛速球で花粉も吹き飛ばしてほしい。

AI時代の明暗を分けるキーワードとは?2006/MAR.27

「言語化」能力を磨く

AI時代の明暗を分けるキーワードとしてよく言われるのが、「創造性」「好奇心」「楽しむ」

「情報発信」「ファン化」「自己開示」「言語化」である。

その中でも私が最も注目しているのが、アウトプット(話す、書く、行動する)によって「言語化」能力が鍛えることである。

言語化とは、言葉で表現すること。感情や直感的なものを、「言葉」に置き換えることによって、説明、伝達可能にすることである。

 その言語化能力は、能力だけあって個人差がある。例えば、「言語化」の力が弱い人の特徴に「同じ失敗」を何度も何度も繰り返す、「きれやすい」「感情に流さる」といったものがある。

 私の腐れ縁の友人にそういった人物がいる。「なぜ失敗したか」「なぜうまくいかないか」を尋ねても、言葉で説明で説明することができません。そして、「なんとなく失敗した」と口癖のように答える。

 また、言語化能力が乏しいと、理論、理性的に考えるのが難しいので、感情に流されやすくなる。ようは正しく対応、対処。問題解決ができなくなります。

「言葉で説明できる」ということは、「客観的に認識できた」ということである。言語化脳力は、言い換えると「観察能力」「自己分析能力」であり、「説明能力」「論理的能力」そのものである。

 私も決して高い方ではありません。しかし、自分の意見を聞かれて、スパッと答えられる人も10人に1人くらいはいるでしょう。逆を言えば、言語能力の高い人は、職場やビジネスにおいて有利であるのが間違いないでしょう。

 特に、これからのAI時代、「インプット仕事」よいりも「アウトププット仕事」が必要とさええる時代言語能力が明暗を分ける鍵となるはずである。

では、「言語化」能力を磨くのにどのような方法があるのか。それは、「アウトプット」を日常に提案することである。

★本を読んだら感想を書く。

★映画を観たら感想を書く。

★おいしいものを食べたら、感想を書く。

★旅行記を書く。

★今日あった、楽しかった出来事を文章にする。

文章を書くときは、「なぜ」を分析して書くとさらに観察する力がつき、分析することによって、「再現性」が高まり、仕事に活かせるようになるでしょう。

学級開きにすること①2005/MAR.27

ようやく卒業式も終え、一息つきたいところですが、来週には新学期の用意が始まります。

今年こそは「さらにもっと良いクラスにしよう」「今年こそは、〇〇を実践していきたい」「初めての学年なので不安だな・・・」「今度組む先生上手くやっていけるかな」といった希望と不安が入り混じります。それは何年たっても同じです。(少なくとも自分は)

さて、今日は新年度の初日=「学級開き」をどうすごすかについてお話します。

新学期がの始まりは、先生にとっても子どもにとってもすべてが「新鮮」です。それは持ち上がった学級でも程度の差はありますが、新鮮です。特に最初の三日間は子どもたちは、インプットの受容体が大きく開いています。先生の指示をよく聞いてくれます。だからこそ、この三日間の運営の仕方いかんでは、この1年間が左右されてしまうと言われています。

そこで私が意識しているのが、初日から「授業」をすることです。いきなり初日からと思うかもしれませんが、実際にんやってみると効果はありましたので紹介します。紹介するのは、毎年参加するTOSSの「教え方セミナー」でインプトしたものです。

新しい国語教材で音読する。(扉のページ)

ノートに丁寧に視写させる

子どもたちは新学期に対して「不安」を抱えている子も多いです。その不安は2つあります。1つが「友達」に対して。もう一つは「勉強」に対しです。

当然勉強は学年が上がるにつれて難しくなってきます。自分は本当についていけるのか。そんな不安を抱きます。

先生がそのマインドをしっかりと理解することがまず大切です。その上で、その不安を払拭するために「授業」をすることです。そしてその内容は、難しいもはしません。

みんなできる簡単なものがおすすめ。なので、『音読』『視写』が良いです。

とにかく、初日はエラーレスラでやらなければなりません。『みんなの音読上手だね、声もそろっていてきれいだね。持ち方、姿勢もすばらしい』!

『〇〇くん、去年から音読上手いって言われてたしょ』『いや、そんなには。』

視写も同じようにやっていきます。 

とにかく、不安を取り除いて初日を終わらせて、『今年は楽しそう』と思って帰らせてやることです。

春休み教室の掃除と明け渡し2004/MAR.27

おはよございます。約1週間ぶりの更新となります。この1週間、修了式、卒業式があり、ようやく明日から短い春休みにはいります。といっても部屋の片づけ、明け渡しがあり、週明けから学校に行くようになるかもしれません。

さて、今日は新学期に向けて、自分の教室の気持ちよく次の先生に明け渡し方法を紹介していきたいと思います。ぜひとも次の先生に気持ちよく明け渡したいものですね。

実は、初任の頃、この明け渡しで「指導」を受けたことがあります。その時は、テレビの裏の埃と掲示板の画鋲がいくつかささっていました。清潔にして明け渡さなければという気持ちはもちろんあったのですが、あきらかに自分の中では抜け落ちていました。そして、こうも言われました。「それって、先生の人間性が現れるよ」「あの先生は、失礼だよね」・・・のような。

それ以降は、清潔で埃一つ(言い過ぎ?)ないうよ目指す手掃除するようにし気持ちよ明け渡せるようになりました。

私がが経験した中で、「これはやめて!」というものもありました。それが「いつのだか分からないパンが棚の奥に・・・」「床や棚がべたついている」「異動される先生の私物」「子どものプリント類」・・・

では、見落としやすい場所は紹介していきます。

  • 黒板チョークの中。(穴の中)ここもしっかりと汚れを落とし、きれいなチョークを数本用意しておく。
  • 子どものロッカーの中をきれいにしておく。
  • 旧クラスの子どものシールをすべてはがしておく。
  • 棚の奥、引出しのよごれをふき取る
  • 必要数の鍵をしっかりと確認しておく(不足がないように)
  • 自分のアカウントの削除
  • 保健セットの不足の確認
  • 床や机の上の墨
  • 学級文庫の破損
  • テレビの裏まわりの埃
  • 掃除用具入れの中
  • 給食白衣が番号順で全てそろっているか
  • 匂い(生き物や水槽の洗ってない匂い)

他にもあるかもしれませんが、上記の事をすべてやっていれば、そうそう間違うことはないでしょう。

甘い苺🍓の見分け方2003/MAR.20

どれが1番甘いと思いますか?

みなさん、ご機嫌よう。今日も花粉が飛びまくる花粉症にとっては辛い1日になりそうですね。

今日は天気が良いので、急にいちご狩りがしたくなり、車を茨城県つくば市まで走らせました。

🍓フルーツ狩りの中で最も好きなのが苺です。梨、ぶどう、桃、みかん、りんご、西瓜もすきですが、品種がたくさんあり、色々楽しめるので、毎年この時期にいちご狩りに出かけてます。

もう何十回もやっているのですが、一つだけ『悩ましい問題』が私の食の未解決ファイルにあります。それは、ある人にとってはどうでも良い話なんですが。

これはハズレ

でも、フルーツ狩り愛好家にとっては、今日の大谷翔平や、コロナの1日の感染者数の動向よりも気になるわけで。

個人的な見解では、少し小ぶりで赤い🍓が当たりの確率が高いが、逆のパターンもしかり。そして店のスタッフもあまりあてにはならない。

しかし、今日その結論にたどり着いたように思う。それは、美味いと思ったファームに毎年同じ時期に来ることである。

その年が外れても懲りずに次の年も来る。それを10年ぐらい続ければ、甘い果実🍓🍓にたどりつくと思いませんか。

要するに早い話、同じ場所に通い続けろっていう、なんてことのない、たわいも無い苺白書でした。それにしても茨城の🍓は美味いね。【終】

私の卒業式【小学校】編 2003/MAR.20

今日は卒業シーズンということもあり、自分の当時の思い出を書いてみたいと思います。小学校、中学校、高校時代に分けて綴ります。1回目の今日は小学校編です。㊗️

私が小学校を卒業したのは1987年3月25日。群馬県太田市の毛里田小学校。ベビーブーム真っ只中、1クラス43名の6学級。今では考えられない人数🤣

当時は一人一人に『卒業証明書』を校長先生が読み上げていたので、3時間以上かかる式でした。

『仰げば尊し』や『蛍の光』を歌う頃には、疲れ果てて別れを惜しむどころか疲れ果てた状態でした。時短なんて叫ばれてない時代なんで、それが当たり前だったのでしょう。

ここからは苦い思い出と、甘酸っぱい思い出を語ります。

当日卒業式当日の服装は、みな自分の通う中学校の制服でした。男子はみな黒の学ラン、女の子はセーラー服。それ以外があるとしたら、それは、私立の中学校に行く場合だけである。

田舎の中学校なので、ほぼ90%が地元の公立中学校に通う時代。私立に通うなら、冷やかされたり、嫌味を言われる時代。信じられないが、『いじめ』の対象になることもある。

実は、自分は親が勝手に私立受験の願書を出され、本意ではないが受かってしまった。今では行ってよかったと思いますが。本来ならみんなに祝福されてもいいのだが、母親は学校に連絡して私立に受かったこと、卒業式は、皆んなと同じ学ランにしますと伝えていた。

10月に合格発表があったので、卒業式までごまかすのが辛かった。それよりも自分が進学する中学校のブレザー着て式に出れなかった方が別れよりも悲しかったかな。😢

式が終わり、教室に戻り卒業証明書を広げて先生が写真を撮っていた。何枚も何枚も。確か先生はこの日が定年退職日であった。ゲンコツがとても痛い先生だったのだけは覚えている。

たわいもないおしゃべりをしていたら、1人のポニーテールの女の子が、雑誌『リボン』の付録のアルバム帳をもってきて、『〇〇くん、違う中学校に行くんでしょ、忘れたくないからここに、大きくサインして』と涙混じりに言われた。実はこの子は、初恋の子で4年生からずっと好きだった子でした。こんなにも丁寧に思いを込めて書いた自分の名前は最初で最後かも知れないほど頑張って書いた。

帰り道、今からでもこの娘と同じ学校に行く理由を探しながら、どうやって親父に説得するかを考えながら興奮しながら家路に着きました。😊🥰

この日のたったわずかな一瞬が6年間で1番印象に残ったものになりました。2番は間違いなく高井麻巳子の結婚ロスですけど何か。😅次回は多感な中学校の卒業式を書きます。

最終日に注意すること2002/MAR.20

おはようございます。三連休の中日、今日は昨日とうってかわって青空が綺麗な快晴ですね。なんと昨晩はこの時季には珍しい落雷がありおどろきました。⚡️よく地震の前後には、異常気象が起きるという『都市伝説』なのか。いずれにしても最近は地震が多いのでしっかりと準備しておきたいですね。

さて、本日のテーマは最終日に教師がそれやったら他の先生から『ひんしゅく』をかいます。

ちなみに、『最終日』とは『修了式』『卒業式』のことをさします。POINTは『3つ』です。


  1. 修了式当日。これまで手塩に育てた子どもたちとお別れ。『あゆみ』を一人一人に返し、思い出話しやら、贈る言葉を熱く語りさようなら。中には別れを惜しみ、なかなか帰らない子と対応していると、『○◯先生』職員室にお集まり下さいの放送が入る。実はこれは、私の若手の頃の『失敗談』です。これ依頼、最終日はすぐ帰して職員室で待機するようにしています。😊🎊
  2. これも大切です。それぞれ式当日の日は、役割りが分担されています。早く終わる担当箇所もあれば、そうでないものもあります。気をつけなければならないのは、仕事が終わって『何もすることのない先生』。誰もいない職員室でお茶を飲んでいたり、自分の教室でゆったりされている先生も中にはいました。とくに若手ならご指導が入るかもしれませんね。😀😀
  3. 最終日に、各学級で使ったものを返却するものもあります。保健でかりたもの、給食白衣、カーテン、配膳台等。とくに業者に依頼するものもあるので、たとえ1クラスでも迷惑をかけてしまいます。気をつけていきましょう。

子どもの荷物の持ち帰りに注意すべきこと2001/MAR.19

おはようございます。昨日の関東地方は少し寒く、夕方は小雨まじりだったので一段と寒く感じました。(その分少し花粉は減って嬉しいですが・・・)

さて、今日は子どもの荷物の持ち帰りを気をつけないと、大変なことになることについてお話していきたいと思います。お付き合いください。

ポイントは3です。

①計画的にもって帰る

 3学期はあっというまに過ぎてしまいます。一見すると大きな行事も終わりあまり忙しくないように思えますが、6年生を送る会やら、あゆみ、すべての授業内容を確実に行う・・・・そんなことに日々3学期は追われるで、気付いたらもう3月中旬みたいなことはよくあります。

 そして無計画に子どもにたちに一気に荷物をたくさん持たせて帰していませんか?実は、私も若手の頃よくやっていました。反省しなけれないけんません。少なくとも、1週間前には必要最低限のものだけにしておきたいですね。(防災頭巾やお道具箱等)そのためには、修了式から逆算して、「何」を「いつ」持って帰るのかリスト表にしておくとよいでしょう。

②天気予報を気にせよ

 これは、意外と重要です。雨の降っている日に、両手がふさがるぐらいに荷物を持たせたら、どうなるかお分かりですよね。そう、荷物の重さで身体のバランスを崩し転倒することです。他校の同僚で、雨の日にたくさんの荷物を持たせて怪我をした事案を聞いたことがあります。

 最近は雨の予報も以前に比べると精密度があがりほぼ的中します。また携帯のアプリでは毎分ごとに雲の動きもみれます。そういった情報を利用して荷物を調整してもよいでしょう。最もいけないのは、荷物の多い金曜日は荷物の持ち帰りに中止しましょう。

③作品をきにせよ

 子どもたちが図工の時間に一生懸命に描いた絵や、作品は、ご家庭でもかなり楽しみにされています。中には、子どもが大人になっても作品を飾っているお家もあるぐらい、大切にされています。ちなみに自分に家の私が小学校5年生の時に作成した、「ロビンマスク」の壁掛けがいまだに飾ってあります。(取り外せばいいのに・・・)

 大切なのが、原型のまますぐに持ち帰らせることです。できれば図工の先生が返却した日ぐらいにも持ち帰らせたたいですね。どうしても、教室にずっと飾っていると、なんらかのアクシデントが起こります。首や腕がとれたり・・・

 また、持ち帰らせるときは、手さげバックの中にそれだけを入れて返しましょう。(習字の作品も同様)

ウクライナ情勢/明けない夜はない2002/MAR.19

私の好きな名言の中に、「開けない夜はない」とは、シェークスピアの戯曲「マクベス」の有名なセリフがある。特に困難なことが続いた時に思い出して奮起したものだ。

ある日、この名言の英語の原文の直訳を調べたことがある。直訳は「夜明けが来ない夜は長い」と少し意味をつかみかねる文になっている。

 先の一文が訳の主流になる中、演劇家評論家の松岡和子さんは「朝が来なければ夜いは永遠に続くから・・・」と訳したというい。「NHKラジオ深夜便 絶望名言」より。

 朝が来るまで耐えて忍んで待たなければ、とも聞こえる。戦火のウクライナの人たちに贈る励ましなら、ふさわしいのは「松岡」訳でしょう。

 先週う96時間以内に首都キエフへの総攻撃が始まるとの見通しが伝えられた。停戦交渉は、ロシアの総攻撃の準備を整えるための時間稼ぎという見方が強かった。しかし、少し様相が変わってきた。戦火がひと時でもやむ可能性はないらしい。食料や水不足などロシア軍の事情が伝えられす。

 南東部の都市マリウポリで、市民が避難していた劇場が空からの爆撃で破壊された。子どもや高齢者を含め多数の犠牲者が出た恐れがある。あまりにも真っ暗な長い夜である。

こつこつ続けて2000記事達成2000/MAR.19

おはようございます。いつもつたない文章をお読みいただきありがとうございます。コツコツと文章を書き続けて、今日ようやく2000記事投稿達成しました。学級経営、書評、映画評、趣味、家族のことをあてもなく綴ってきました。継続力のない自分ですが、ここまで懲りずに続けられたのも、日頃読んで下さる方のおかげだと感謝しております。

当初ブログを開設した当初、目標はこの2000を意識してやってきました。というのも、プロ野球の世界では「2000本」安打を達成すると名球会に入れる数字です。自分の中で憧れに似た数字です。

千葉の誇り 福浦和也2000本安打達成

今思い返すと、教育系のネタをビジョンにしてきたのに、趣味のことばかり書いてぶれたときもありました。

時には、自分の言葉の表現でご不快な思いをされたかたもいると思います。。この場をかりてお詫びすます。

さて、今後の展開ですが、2000は一つの通過点です。この先3000、4000と続くかはわかりません。今までと同様、一日、一日こつこつと続けていくだけです。内容も、学級経営を中心により実践的に、内容の濃いものをお届けしていきたいと思います。

さらに、授業で使えるワークシートや板書案なんかもPDFで添付し、お役立てしていきたいと思います。

そして、これまでは対象を3年目までの先生を視点に書いてきましたが、もう少し広げて10年目までの先生まで含めた内容にレベルアップしていきたいと考えております。というか綴っていきます。

月並みですが、今後ともよろしくお願いします。

この時期に学級が落ち着かない!1999/MAR.18

「もうすぐ新年度なのに、なんだか最近子どもたちが、全体的に落ち着かない」なんていうことはありませんか。例えば、休み時間が終わって教室に戻り不平不満。今までしっかり集中して授業に取りくんでいたのに、最近私語が多くなった。保護者の連絡帳が増えた等。

私もそれなりに同じような経験はあります。

よく学級が落ち着かないとわれる時期があります。6月、11月、2月とよく言われています。私の中では2月もそうですが、3月のほうが多いような実感があります。

考えるに以下の点です。

  • 年度末処理(あゆに、要録、時数)に忙しく、子どもに意識が向かない。
  • もうすぐでクラスが変わるといった教師の緩み。
  • 子どもたちの気の緩み。(もうすぐ先生とお別れだから、今まで抑えていたことをやってみようかな)
  • 新年度に向けての子どもたちの不安
  • 入試関係

特に荒れているクラスの場合は、先生も「あともう少しだ」と思い、どこか緩んでしまいがち。

 大切なのは、最後までしっかりと子どもと向き合って、これまで築いてきたことを大切にして、一日一日を大切にしていくことでしょう。

AI時代に明暗を分ける「アウトプット力」の磨き方1998/MAR.18

 先日ITトレンドEXPO2022Springを動画で視聴した。

けっこういろんな業界の方が参加されていました。元日本代表の岡田監督や、ローランドが出ていたのは少しびっくりしましたが・・・

 私のお目当ては、大ベストセラー作家・精神科医「樺沢紫苑」先生の登壇。

今回のテーマは、Ai時代の明暗を分ける「アウトプット力」磨き方。話の中心は今後10年で大飛躍する人とそうでない人の働き方の違いをお話された。

特になるほどと思ったのが以下の3点。

Ai時代の働きかたは、これまでのインプット型の仕事(言われたことを言われた通りにやる)ではなく、アウトプット型の仕事にシフトチェンジされてくる。

アウトプット仕事とは、能動的、自発的、自主性・主体性、クリエイティビティ(創造性)、人を動かす、チャレンジ・イノベーション、ダイナミック、情報発信、人に教えることである。

実はこれって、学校教育で目指している教育ないようとほぼかぶっている。ということは、自分の仕事は将来の日本の未来を支える人材育成をしていると再認識した。

0を1にするイノベーション。そして、創造性。これらは当面の間は、ロボットにはつくり出せないと言われている。そしてそれらの土台をなしているのが、「好奇心」であある。好奇心旺盛な人は、そうでない人と目の付け所が違う。新しいことに挑戦するのに躊躇せずに、フットワークも軽い。

好奇心は、クリエイティビティ(創造性)のためのガソリン(原動力)のようなもの。では、フットワークよく好奇心を鍛える方法をこう紹介されていた。

  • まずやってみる(飲食店、本、映画、なんでも)
  • 友達の誘いに「イエス」と言う
  • おもしろい、楽しいをメモする
  • 3行ポジティブ日記

だいぶ好奇心が減っているので、フットワークよくまずはやってみるを心がけて挑戦してみたい。そういえば、ゴルフに誘われたが断ってしまったが、やっぱり行ってみようかな。

先輩によってアドバイスが異なる1997/MAR.18

 この仕事(教員)をしていると、いろいろな先輩からアドんバイスを受けます。例えば、「まずは学級経営が大切だよ」「何よりも授業が大切だよ」「校務分掌、学年、そして自分のクラス」等。

しかし、すべての先輩の意見を取り入れて、実行することができません。

大前提として、すべてのアドバイスを実行することは、できないことを理解しましょう。1人の先輩のアドバイスでさえ、子どもの実情に応じて実行できること、できないことがあります。

ましてや、多くのアドバイスをいすべて取り入れることは、不可能でしょう。そのうえで、先輩のアドバイスは受け止めることが重要です。しかし、あきらかに納得できない意見もあるでしょう。その場合は、思い切って受け流しましょう。多くの情報を得ることは重要ですが、時には自分で考え、取捨選択することも大切です。

 先輩からのアドバイスを受けるだけでなく、自らアドバイスを求めることも重要です。その場合は、まず学年の相談を優先しましょう。例えば、学芸会や研究授業、運動会といった大きなものは、まずは学年、次に学年以外で信頼のであきる先輩に相談するとよいでしょう。

〇アドバイスを取捨選択する

〇まずは学年の先輩に相談する

 

編集後記

若手教員の場合、アドバイスをもらう場面が多くあります。受け入れらるもの、納得できないものも必ず出てきます。特に後者の場合は注意が必要です。まずはしっかりと感謝の言葉を述べて、自分の中で吟味してください。また、敏感な先輩になると、反応をよくみていることもあります。自分のために指導してくださっているので、傾聴を心がけましょう。

また、間違っても同僚にその先輩の悪口を言うのはもってのほかです。たとえ信頼できる同僚でも。

【災害】大きな地震でとび起きた1994/MAR.17

 昨晩の大地震ですぐに起こされました。最初は少し揺れが弱かったので直におさまるかと思いきや、揺れはますます強くなり、あの日を(東日本大震災)思い出させるぐらいの揺れ。

 棚の本は崩れ、下では娘が恐怖のあまりの泣き叫んでいました。なぜかペロ(愛犬)は、玄関の扉の前で逃げる準備。嫁はNHKを涙をこらえながらNHKの地震情報を凝視。

 おはようございます 。昨晩の地震で不安な夜をお過ごしになった方、多かったと思います。 皆さま、お怪我などなかったでしょうか。 私の住む地域は震度4でした。ここ数日、また大きな地震がくる可能性があると気象庁が警告を促していました。

 どうか本日もご安全にお過ごしください 。